お金借りる 自己破産した無職のニートでキャッシング可能?

お金借りる 自己破産した無職のニート専業主婦でもキャッシング可能?

キャッシングによる多重債務に陥らないために

 

キャッシングの利用過多によって多重債務に陥らないようにする為には、気をつけなければならない事があります。

 

普段から、キャッシングを利用したり、クレジットカードを使った時は、いくら使ったかをチェックしておくことが大事です。

 

結果的に多重債務になってしまう人の場合、今どのくらい使っているかを計算しないままに、使い続けているパターンが大半です。

 

毎月どのくらいの返済ならできるかというラインをもうけずに、漠然とお金を借りる人も珍しくありません。

 

1回1回の利用額がさほど多くない場合でも、

 

何回も繰り返し融資を受けていると、トータルの金額は高額になってしまいます。

 

そんなことにも気つがないでいれば、多重債務になることは火を見るより明らかです。

 

多重債務にならないようにする為には、キャッシングを利用して借り入れをした場合は、

 

手帳などに今現在の借り入れ総額がいくらかわかるようにしておく事が大切です。

 

また、クレジットカードを使って高額な買い物をするという場合、

 

今どうしても買わなければいけないのか、

 

カードを使う必要性はあるのかなどを考えてみることが大事になります。

 

毎月の支払い額が一定以上になると翌月に繰り越されるというリボルビング払いもよく使われていますが、

 

場合によっては完済がなかなか終わらず、利息ばかりを支払い続けるという事態になってしまいます。

 

リボルビング払いは、やむをえない時だけ利用して、普段からは頼るということがないようにしましょう。

 

キャッシングを利用する時には、多重債務状態に陥らないように、よく考えて、無理なく融資を受けるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

絶対に失敗したくないキャッシング:カードローンは、無職でも可能?

 

お金借りる 自己破産した無職のニート専業主婦でもキャッシング可能?

キャッシングやカードローンは手軽にお金が借りられる便利な方法ですが、初めて利用する方にとっては不安な部分もあるでしょう。

 

 

金利が高いカード会社や消費者金融業者でカードを作った場合は損をすることになります。無理な借入をして返済に困るようなことがあっては大変ですから、慎重に選ぶことが大切です。

 

キャッシングやカードローンを利用する際は、初めに申込手続きを行います。

 

申込の内容をもとに審査が行われ、問題がなければ融資が受けられるようになるのです。

 

それぞれの業者が提示している年齢などの条件をクリアしていれば申込は可能ですが、あくまでも安定した収入があることが前提となります。

 

正社員として働いている方はもちろんですが、契約社員やアルバイト、パートで働いていても毎月しっかり収入を得ている方なら審査には通りやすいでしょう。

 

しかし、無職の方は新規の申込を行えない場合がほとんどですから注意が必要です。

 

無職ということは安定した収入があるわけではないため、借入しても返済する能力がないとみなされてしまいます。

 

消費者金融業者だけでなくクレカを利用してキャッシングを利用することも可能です。

 

クレカというのはクレジットカードを省略した呼び方ですが、

 

普段の買い物やインターネットショッピングなどで使用しているクレカには、キャッシングの機能も付いています。

 

初めにクレカを作るとき特別に申込をしなくてもキャッシングの機能が付いた状態で発行されるので、

 

ショッピングのときしか利用したことがないという方も多いでしょう。

 

急に現金が足りなくなって困ったときでも、改めて消費者金融業者に申込をせずにローンを組むことができるのです。

 

常にお財布の中に入っているカードを使って便利に借入するといいでしょう。

 

 

カードローンは基本的に無職の方は利用できませんが、専業主婦の場合は条件付きで融資が受けられる場合があります。

 

この場合は融資の限度額が低めに設定されていることが多いですが、仕事をしていない専業主婦でも借入できれば便利でしょう。

 

通常の申込と同じように審査を受ける必要はあります。

 

自分自身の審査だけでなく配偶者に安定した収入があるかどうかがチェックされることになります。

 

ただ配偶者に確認するなどの手続きは行っていないため、知られずにお金を借りることもできるでしょう。

 

銀行系のカードローンは専業主婦向けの商品があるので、金利や条件面を比較してから選びましょう。

 

 

 

 

専業主婦のニートでもキャッシング希望なら 旦那にばれずにお金借りたい

 

専業主婦ニートでも、旦那に内緒でキャッシングを申し込むことは可能です。

 

ただし、家事に専念して家計をやりくりしている状態の方がほとんどですので、配偶者の方に安定した収入があり、何らかの職業に就いているのが条件となります。

 

 

専業主婦でも借入出来るキャッシングを探すには、銀行や信用金庫からとなります。

 

CMやインターネットのバナー広告で流れている消費者金融からは借入ができません。

 

貸金業に分類される消費者金融やクレジットカードは、借入やキャッシング枠について、貸金業法の総量規制を受けるので、収入の3分の1以内までしか借入が出来ないことになります。

 

専業主婦ニートであるので、自分で収入を得ていないことになり、借入限度額の設定が出来ないからです。

 

銀行は銀行法によって経営されているため、総量規制の適用はされません。一部の銀行では、専業主婦の申し込みを受け付けていない所もありますので、銀行のサイトからカードローンの説明書を確認するか、ATMに備え付けのパンフレットを見てみるといいでしょう。

 

 

旦那に内緒で借入したい場合には、申込書類に配偶者の収入証明書や許可が不要と書かれているカードローンを選ぶと安心です。申し込みをした人の審査をするだけなので、申込書に旦那の勤務先と世帯収入を記載するだけで済みます。

 

旦那の会社に在籍確認をすることもありません。ただし、利用限度額は最大で50万円までと制限を受けることになるでしょう。増額申請をしても、それ以上の金額から上がることはありませんので、気をつけてください。

 

 

信用金庫の場合も、総量規制の対象にはなりませんが、ある程度居住エリアが制限されることがありますし、インターネットからの申し込み手続きは出来る所はあっても、契約をするには直接店舗に行く必要がある場合がほとんどです。

 

地方銀行でも、来店の上契約が必要、という所がありますので注意してください。

 

人目についてばれるリスクが大きくなると心配であれば、避けた方がいいかもしれません。できれば、大手の銀行やインターネット支店を構えている銀行、ネット専業の銀行であれば、来店不要でインターネットから申し込みから契約までができます。

 

家事や育児で家を空けられない方にも、日中旦那が出かけている時間に手続きがしやすいと思われます。本人の意思確認などの連絡事項があった場合も、自宅の固定電話でなく、自分の携帯電話やスマートフォン宛てにできますので安心です。

 

間違いだらけのキャッシング キャッシングをする際、無職okの会社があるってほんと?

「カードローンやキャッシングを利用してお金を借りたい」と思うきっかけは人それぞれですが、

 

多くは生活費などの生活する為に必須となるお金を用立てる目的でカードローンやキャッシングが利用されています。

 

利用には事前に審査を受けて承認される必要があるのですが、

 

人によっては審査を通過することが非常に難しいと言える状況にある場合がある為、

 

「少しでも審査を通過しやすいカードローン・キャッシング」を探して利用しようとします。

 

中には「無職・ブラックでも融資可能」と広告しているものもあるのですが、

 

現実的に言ってそういった状況でも利用出来るものというのは非常にリスクが高い商品であるという事を知っておく必要があります。

 

基本的に「返済能力がある」という判断のもとに融資を行うことになる為、

 

返済能力に不安がある無職やブラックになっている人に対して融資を行うのは容易ではありません。

 

貸し倒れ(返済不能)になってしまうリスクが高い相手にお金を貸すという事は、

 

相当自社の業績が良いか、もしくは「高い確率で債権を回収できる手段を持っている」という事になります。

 

業績が良くて融資を広く行うことが出来るという理由であればまだしも、

 

回収力に自信がある貸金業者というのは「ヤミ金」の可能性が非常に高く、

 

利用後に大きなトラブルを巻き起こす種になってしまう不安が大きくなります。

 

その為、大々的に「無職・ブラックでも借りられる」というアピールをしているカードローンやキャッシングは、出来る限り利用を避けた方が賢明です。

 

ただし、場合によっては無職であっても安全にお金を借りることも出来ます。

 

その為、タイトル対する回答としては限りなく「ノー」に近い「イエス」という答えが適当です。

 

例えば、専業主婦などは実質的には職に就いていない状態と言えるため、

 

自身の信用を担保にしてお金を借りる事は非常に困難です。

 

しかし、「配偶者の信用」を利用することによって単独でお金を借り入れることが出来ます。

 

専業主婦の場合、確実に「家計を供する相手」がいることになる為、

 

自分自身には信用能力が無くとも配偶者という特別な存在の力を借りる事によって契約可となる特例です。

 

また、銀行が行っている融資であれば無職の人であっても契約できる可能性があります。

 

総量規制の影響を受けるカードローンやキャッシングでは、収入に対する貸付制限があるので不可能ですが、

 

銀行の場合はそういった制限が無いので審査次第で融資を受けられる可能性があります。