ちばぎんカードローン自己破産者の審査 お金ちゃんと借りれる?

 

ちばぎんカードローン自己破産者の審査

ちばぎんカードローンのキャッシング審査では在籍確認が行われる可能性があります。

 

それが嫌だと考える人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、その具体的な内容を知れば、大したことではないということがわかるはずです。

 

まず、個人名で電話をかけてきます。

 

銀行の名前で電話がかかってくると、それが原因で会社に知られてしまうかもしれないという不安は持たなくても良いのです。

 

個人名で電話がかかってきて、そして本人を呼び、本人が電話に出た場合には、幾つかのことを聞かれますが、その内容は簡単なことです。

 

借りる意思があるのかどうかを確認する程度ですから、そこで何か聞かれて困るといったことはないでしょう。

 

本人が電話に出ればそれだけのことですから、不安に思う必要はありません。

 

 

他の人が電話にでて、その人にいろいろなことを聞いたり、あるいは余計なことを伝えたりすることはありません。

 

そもそも個人情報をもらすことはできないのですから、このようなことはないと考えておいて問題はないのです。

 

本人が電話に出なかった時にはどうなるのでしょうか。これも実は不安に思うほどのこともありません。

 

というのも、本人が電話に出なかったとしても、そこで働いていることがわかればよいのです。

 

もしもその場にいなかったとすると電話にでることが出来ませんが、その場合、「本日はお休みを頂いております」や「ただいま席を外しております」と対応するのが普通でしょう。

 

このように対応してくれれば、そこで働いていることがすぐにわかるでしょう。それで在籍確認は終わりです。

 

ちばぎんカードローン自己破産者の審査

このように、キャッシング審査の在籍確認というのは非常に簡単なものだといえるでしょう。

 

会社に電話がかかってきて、ちばぎんカードローンに申し込みをしたことが知られてしまうということは、まずないと考えられます。

 

そもそも電話がかかってくるのは銀行ではなく保証会社であるという点に注意が必要です。

 

保証会社から電話がかかってきて、その保証会社であることで銀行から借りようとしていることがわかるはずはないでしょう。

 

このようなことを考えれば、心配し過ぎる必要はありません。千葉銀行は審査が厳しいイメージありますよね。

 

心配し過ぎて申し込みを躊躇すると、せっかく便利なサービスを逃してしまう可能性があります。

 

提出する書類もあまりありませんし、収入証明書の提出が不要なケースもあります。

 

即日融資が可能になっていますから、お金が必要なときにはぜひ利用するべきでしょう。

 

 

ちば銀行カードローンは家に郵送物はきます!

 

 

ちば銀行カードローンを利用したいけど家族にバレないか心配という方は多いのではないでしょうか?

 

出来ることなら借金していることは家族に知られたくないですよね。

 

ですが、実際のところ家族にバレずにお金を借りることは可能なのでしょうか?

 

自宅に郵送物が送られてくる、電話がかかってくるなど申し込み前に知っておきたいですよね。

 

そこで今回はちば銀行カードローンを利用すると郵便物は家に届くのか、家の固定電話に電話がかかってくるのかについて解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ちば銀行カードローンの契約を結ぶと、何かしらの郵送物が家に届きます。

 

 

 

送られてくる書類関係は、契約書類、ローンカード、利用明細書、督促状などが考えられます。

 

 

 

カードローンの審査に申込むと、審査結果の回答は基本的に本人所有の携帯電話にかかってきます。

 

申込時の連絡先を自分の携帯電話を記入していれば自宅に電話がかかってくることはありません。

 

ただちば銀行カードローンの場合、郵送で審査結果が送られてくるとこもあります。

 

一般的に郵送で審査結果が来るとなると審査に落ちた場合が多いです。

 

逆に審査通過していれば電話で連絡が来ることが殆どです。

 

もしくは電話したけど本人と連絡がつかなかった場合は、審査に通っても郵送で送られてくる可能性もあります。

 

いずれにしても結果通知の段階で自宅に郵送物が送られてくる可能性はあると思ったほうが良いです。

 

 

 

審査を通過すれば後は契約手続きのための書類を送れば完了です。

 

初回は指定の口座に入金してもらうことが出来ますが、後日、自宅にローンカードと契約書類が送られてきます。

 

目安としては契約完了後1週間前後で自宅に届くと思って良いでしょう。

 

 

 

どの銀行でもそうですが、基本的に郵送物の差出人名は行名が堂々と書かれています。

 

消費者金融ですと社名でバレてしまう可能性が高いので、社名とは別の差出人名で送ってきてくれますが、銀行ではそういった対応は一切しません。

 

と言うのも銀行からの郵送物だからといって、それだけカードローンとは判断しにくいからです。

 

もちろん差出人名にカードローンの記載はしていませんので、中身を見られない限りはまずバレないと思って良いでしょう。

 

 

 

金融機関によっては書類の受取場所を変更できたり、配達時間や日にちを指定することも可能です。

 

しかしちば銀行カードローンでは受取場所の変更も時間しても出来ません。

 

 

 

消費者金融ですとカードローンの利用明細はWEB上で確認できるサービスを提供しているところが多いです。

 

これにより借り入れや返済する度に自宅に利用明細が送られてくることが無くなります。

 

ちば銀行カードローンではWEB上で明細確認できるサービスは特にありませんので、定期的に明細書が自宅に送られてくる可能性が高いです。

 

これは千葉銀行に限ったことではなく、銀行カードローンの場合、半月に一度くらいのペースで利用明細書が自宅に送られてくるようです。

 

 

 

まとめますとちば銀行カードローンでは審査結果通知書、契約書類、ローンカード、利用明細書が郵送物として送られてきます。

 

受取場所の変更や時間指定は出来ず、郵送物をなしにすることは出来ないようです。

 

ただ中身を見られない限りは基本的にカードローンだということはバレませんので、その点は安心して良さそうです。

 

 

 

返済が送れた場合も千葉銀行から郵送物が届きます。

 

これは返済を催促する通知書で俗に言う督促状です。

 

1,2日程度返済が遅れたぐらいであれば来ませんが、1週間以上返済しないでいると間違いなく書面で通知が来ます。

 

まずはじめに電話連絡が来ていつ頃入金できるかの確認を取り、それでも支払いされなかった場合は督促状が送られてきます。

 

ただあくまでも電話は本人の携帯電話が優先となりますので、自宅の固定電話にかかってくることはまず無いでしょう。