みずほ銀行はブラックでも借りれる?特長と説明の分かりやすさ

みずほ銀行はブラックでも借りれる?特長と説明の分かりやすさ

私たちが何かのサービスを利用するとなると、説明の分かりやすさなどは大きなポイントになります。

 

特に初めて利用する方にとっては、やはりそれは大きなポイントになるでしょう。

 

そもそもカードローンを利用しようと考えている方々の中には、それが初めてという事もあります。

 

今まで一度も借りた事が無い方もいらっしゃるのですね。

 

そのような状況ですと、やはり銀行などの説明の分かりやすさは大切なポイントです。

 

何せ初めて利用する商品であれば、色々と不安を感じている事も多いからです。

 

しかし説明が分かりやすければ、それが払拭されるものでね。

 

ところでみずほ銀行には、その説明に関するメリットがあります。以前にある方が、その銀行で申込をしました。

 

その方の場合、窓口で申込をしていたようです。

 

それで行員の方から説明を受けたのですが、それが非常に分かりやすいと感じたので、安心感を覚えたのだそうです。

 

また行員の方は、非常に感じが良かったようですね。

 

とてもマナーが良い方だったので、好感を覚えていらっしゃいました。

 

上記の話のポイントは、やはりこの銀行の説明が丁寧という点でしょう。

 

初めて利用する時には色々と不安を覚えている訳ですから、

 

分かりやすい説明によって安心感を覚えられるのが、この銀行のメリットの1つとも言えますね。

 

スポンサードリンク

思ったよりも手数料が低いと感じている方が多いみずほ銀行

みずほ銀行はブラックでも借りれる?特長と説明の分かりやすさ

カードローンを利用している方々の目的は、様々です。

 

中には教育の資金を捻出する為にそれを利用している方もいらっしゃるのですが、ある方はみずほ銀行の商品を利用していたようです。

 

そしてその会社の手数料に大きなメリットを感じていたようですね。ちなみにその方の申し込んだのは、今年の1月だったようです。

 

その方のみずほ銀行の手数料が良いと感じていた訳ですが、想定よりも低めだったようですね。

 

てっきりもう少し高い手数料に設定されると思っていたのですが、思ったよりも低かったようです。

 

それで大変満足していらっしゃいました。

 

ちなみに上記のような話は、案外と多いのですね。別の方も生活資金の為に、その銀行から借りたのだそうです。

 

その方も、思っていたよりも手数料が低めだと感じていらっしゃったようです。

 

それはある意味、この銀行の特長の1つとも言えるでしょう。確かにこの銀行の場合は、手数料はかなり低めになっています。

 

現時点では、この銀行では14%台と設定されていますね。他の会社の商品よりもリーズナブルなのが特徴的です。

 

やはり商品を利用する以上は、コストなどは抑えたいと思うのが自然だと思います。

 

それが可能なのが、この銀行のメリットの1つと言えます。

 

スポンサードリンク

 

 

みずほ銀行カードローンの契約限度額は増額可能?

 

銀行カードローンに申し込みをすると、本人のステータスや他の金融会社からの借入残高などが総合的に審査されて契約限度額が設定されます。カードローンのキャッシングサービスを利用しているうちに、利用限度額を増額したいと感じることがあるかもしれません。カードローンの金利は限度額ごとに決められていて、みずほ銀行の場合は100万円を超えれば年率が12%になります。このため他の金融会社と組み合わせて合計で100万円の限度額で利用するよりも、みずほ銀行だけで100万円を超える限度額で利用した方がお得です。カードローンの契約限度額を増額することには利息を節約する効果もあります。

 

年収や他社カードローンの契約などが変わらなければカードローンの限度額を増額することは難しいのですが、収入が増えたり他社のローンを解約するなどの変化があれば増額が認められる可能性があります。みずほ銀行カードローンは利用中でも限度額の増額を申し込むことができます。増額を希望する場合には、銀行窓口・電話・FAX・インターネットなどを利用して申し込みをします。ただし増額の申し込みをしたら最初から審査が実施され、実質的にカードローンサービスの再申し込みをすることになります。

 

水本銀行カードローンに増額の申し込みをした場合の審査基準ですが、新規に申し込みをした時と同じように本人または配偶者の年収額・他社(カードローン・クレジットカード)からの借り入れ状況・返済状況などを基に限度額が決められます。これらの項目に加えてみずほ銀行カードローンの過去の利用実績も加味されます。利用実績とは、過去にキャッシングサービスを利用して元利金を完済したことや利用頻度です。

 

ある程度の利用実績があればプラスの評価になり、審査で増額が認められる可能性が高くなります。逆にカードローンに申し込みをしたのにキャッシングサービスを全く利用していないとか、1度も完済をしたことがなくて長期間にわたり少額の返済を続けているような場合はマイナスの評価になってしまうので注意が必要です。

 

みずほ銀行のカードローンを利用している間に、銀行の方から増額の案内が送られて来る場合があります。増額案内が送付される場合には既に仮審査が実施されているので、申し込みをすればすぐに増額が認められる可能性が非常に高いです。みずほ銀行から増額の案内が届いた場合には、ATMで簡単な操作をするだけで契約限度額を増額することができます。

 

 

みずほ銀行カードローンの返済が遅れた場合どうなる?

 

みずほ銀行のカードローンを契約し、キャッシングをした場合ですが、返済は基本的に口座からの引き落としとなります。口座から引き落としができなかった場合は、原則当日中であれば、問題ありません。

 

それでも返済できなかった場合には延滞扱いとなってしまい、カードローンのキャッシングを行う事は出来なくなってします。他にも利息以外に遅延損害金を請求されてしまうので、返済する金額が多くなってしまい、キャッシングをしている金額が大きいほど、返済が困難になります。

 

その状態が更に続くと電話での連絡やはがきが届くようになり、返済を迫られますので、返済が遅れそうな場合には必ず先にみずほ銀行に連絡して担当者と相談する様にしましょう。

 

会社や自宅に来ることはあまりありませんが、返済せずに放置しておくと催促状が届くようになり、自分自身の信用情報も傷がついてしまいます。信用情報に傷がつくと他のカードローンを契約する事が出来なくなったり、場合によっては今組んでいるカードローンやキャッシングを行っている所から一括返済を迫られてしまうケースも珍しくありません。

 

一度返済が遅れてしまい、信用情報に傷がついた場合は、元に戻るまで長期間かかってしまうので、注意が必要です。

 

また度重なる遅れが出てしまうと返済をしてもみずほ銀行からカードローンでの新たなキャッシングが出来ないこともありますので、何度も遅れることは避けましょう。何度も遅れるような場合には返済金額が多すぎる可能性もあるので、一度みずほ銀行の担当者と相談をして、無理のない返済計画について話し
合いをする事が大切です。

 

更に長期間の間返済できない状態が継続すると信用情報がブラックとして登録されてしまい、返済を行ってもブラックとして登録されてしまうと他からの借り入れができなくなります。ブラックは金融事故として登録をされるので、基本的に5年間は消えることがありません。ブラックになるとカードローンだけではなく、クレジットカードなども新規で契約する事ができなくなってしまいます。他にも多くのデメリットがあるので、ブラックに登録されてしまう前に返済は必ず行うようにしましょう。会社にもその間は催促の電話が毎日かかってくる事になり、会社の業務にも支障がでてしまう可能性が高くなるので、注意が必要です。

 

基本的には個人名で連絡がありますが、続いてしまうと銀行名で、連絡が入る可能性もあります。

 

 

みずほ銀行カードローンの審査結果が来ない場合 仮審査と本審査の違いとは

 

みずほ銀行でカードローンをしようとしていて、仮審査をしたけれど待てど暮らせど結果が知らされない、一体どうなっているのだ、と不安に思う方は少なからずいるようです。みずほ銀行のカードローンは、申し込んでから結果がわかるまでに数日を必要としますので緊急でお金を借りたい人には向きません。ではなぜ数日間がかかるのでしょうか。

 

カードローンを利用しようとすると、普通でも2日かかると覚えておきましょう。まず最初は仮審査があります。みずほ銀行の公式サイトか電話で審査に必要な情報、氏名や住所、勤務先の情報や電話番号などを登録します。その後銀行では仮審査が開始となり、入力内容を自動的に点数化してキャッシングに許可を出すかどうかを判断します。登録された内容が正確かどうかを確認するのですが、担当者が全ての項目において一つずつ確認していくために時間がかかります。在籍確認は必要不可欠な作業であり、ここで登録内容との相違や在籍の確認が取れないとなると、審査は停まってしまって先には進みません。

 

つまりここで時間がかかるので、会社に確かに在籍していてもタイミングが悪くて電話が通じないなどのハプニングがあると他の申込者が優先されてしまうために後ろに回されてしまうのです。そしてここで土日祝日を挟んでしまうと銀行は業務を停止していますので、更に待たされることになります。

 

仮審査が終了すると本審査にうつり、本人の収入状況や希望の借入額などをもとに審査が行われます。具体的な貸付金額や金利、限度額などが決めら
れるのでここでも時間がかかるのです。これら全ての手続きが終わって初めてカードローンの利用が出来るようになります。特に時間がかかるのは本審査ですが、仮審査と本審査で申込み内容に相違が出てきた場合などは貸付不可となってしまいますので、最初の時から登録は正確に入力していくことが大切です。

 

みずほ銀行カードローンの審査結果が3日以上こない場合には、支払い能力を疑われているのです。休日を挟まない場合で3日以上経過しているとなると、担当者が貸付するかを悩んでいる証拠です。

 

審査が遅れる主な理由は、申し込み内容の不備、年収に対して大きすぎる希望額であること、収入が安定しているとは言いきれない人、クレジットカードや携帯電話代などの支払いの遅れがある人などです。何らかの項目で支払いが遅れた過去があると、返済を怠る可能性がある人とみなされますので審査には不利になります。

 

みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?在籍確認の電話がなく審査に落ちたか不安

 

みずほ銀行カードローンは名前のとおりみずほ銀行が扱っているキャッシング商品の一つです。みずほ銀行カードローンに申し込みをしたけれども、なかなか在籍確認の電話がなく、審査に落ちたのではないかと不安になってしまう人もいるものです。

 

まず最初にみずほ銀行カードローンはだれでも申し込みができるのかというと、20歳以上66歳未満の年齢であり、安定した収入があればだれもが申し込むことができます。安定した収入とは、月に一度の収入が見込める場合、もしくは2カ月に一度の収入でも大丈夫なケースもあります。

 

歩合給や毎月の収入額が変動する場合でも特に問題はないでしょう。雇用形態は正規雇用ではない人でも問題はありません。そのため派遣社員や契約社員、パートやアルバイトに勤めている人でも申し込みができます。しかし学生の場合には利用限度額は最大でも30万円程度となっています。さらには収入が年金のみの年金生活者でも申し込みが可能ですが、年齢条件はあてはまっている必要があります。

 

申し込みに必要なものとしては基本的には本人書類が必要となりますが、希望額によっては収入証明書が必要となるケースもあります。みずほ銀行カードローンの審査が厳しいのかということについては、銀行系カードローンであることから、消費者金融系のカードローンよりは審査は厳しい傾向にあるでしょう。

 

まず信用情報に事故情報が記録されていた場合には、すぐに審査落ちとなるでしょう。ローンの審査を行う場合には、必ず信用情報を確認することとなりますが、その信用情報には利用中のローンやクレジットカードの情報、過去に利用していたローンやクレジットカードの情報、長期延滞の有無や債務整理の有無など様々なことが記載されています。この中で長期延滞や債務整理などは金融事故と呼ばれるものであり、これが信用情報に記載されている場合には審査に通過することはありません。

 

また過去にみずほ銀行が絡んだ金融事故を起こしている場合も、審査に落ちる可能性は高くなります。そして審査では年収と他社の借り入れをもとに返済能力を判断することとなるため、他社の借り入れが多い場合には審査落ちとなるでしょう。そのほかにも勤務先や雇用形態など様々な項目から判断されるため、どれか一つが劣っているからと言ってそれだけで審査に落ちることはありません。例えば勤続年数が極端に短くても、ほかの項目に特に問題がなければ審査に通る可能性は高くなりますが、利用限度額が低めになる可能性は高いでしょう。

 

 

みずほ銀行カードローン審査の結果否決!もうお金借りれない?

 

みずほ銀行でお金を借りる場合には、カードローンを利用する方法があります。カードローンを利用すれば最大で800万円まで借りることが可能になります。もちろんキャッシングでお金を融通してもらう場合、無制限に融通することができるわけではありませんので、極度額を知っておくことが大事でしょう。

 

極度額は、限度額の範囲内に定められていますので、800万円の範囲内になりますが、人によっては50万円未満しか借りることができない場合も考えられます。極度額は、基本的にその人の収入によって異なるところです。みずほ銀行の場合は、正式な決まりはないもののおおよそ年収の半分程度まで借りることができます。年収が400万円ならば200万円まで借りることが可能と解釈するべきです。

 

それ以外にも、いくつかの審査基準がありますが、すべての基準を満たしたところでお金を借りることが可能になります。審査基準の中で重要になるのは、過去に債務整理をしたことがあるかどうかや滞納したことがあるかになります。

 

例えば、過去に債務整理をした人ならば最低でも5年間は借り入れすることができません。債務整理の中でも自己破産に関しては、10年の借り入れをすることができなくなります。つまり、カードローン審査で過去にみずほ銀行以外の金融機関からお金を借りて債務整理をしたとすれば、5年未満の場合は確実にカードローン審査の結果が否決されてしまいます。この場合、もう2度とお金を借用することができないわけではなく、5年ないしは10年程度は待つ必要があるでしょう。

 

それ以外に否決される理由としては、収入がない場合などです。主婦の場合は別ですが、それ以外の場面で収入がないときにはお金を貸してくれることは考えにくいでしょう。もし、審査をした後に就職した場合すぐに再び借り入れができるかといえば、それも難しいのが現状です。どれぐらいの期間明けた方がよいかといえば、およそ半年ほどはあけた方が無難になります。特に決まりがあるわけではありませんが、過去の事例などを見ると半年間は借り入れできない可能性が高いです。

 

もし、過去にみずほ銀行でお金を借りたけども返済することができずに債務整理をした場合は、半永久的に借用することができないと考えるべきです。5年から10年間経過すれば借用することができるのが基本ですが、それはほかの金融機関からお金を借りて債務整理をした場合です。そのため、一度みずほ銀行からお金を借りて返済できなかった場合にはその後同じ所から借用するのはあきらめるしかありません。