自己破産経験者だけどアコムでお金が借りれた体験談

 

お金を借りすぎてしまって返せなくなった人。世の中には、表には現れていませんが、たくさんいます。

 

もちろんお金に困ってしまっただけに、キャッシングが使えれば便利です。

 

一方で、返せなくなった人はお金を借りられないという事態に陥ってしまいます。私もその一人でした。

 

でも自己破産でもお金を借りれるアコムなら、もう心配はしなくて大丈夫です。

 

私は32歳の男性です。20代のときにお金を借りすぎてしまい、返済しきれなくなりました。

 

当時は就職氷河期で、やっと入った会社でまとまった給料が手に入りました。

 

気が大きくなって、カードローンを使いまくってしまったのです。

 

 

もちろんその時の言葉反省して、弁護士に頼み自己破産をしました。

 

最近はまた、お金が必要になることが多く、消費者金融のアコムを利用したいなとの気持ちが高まっていました。

 

昔、自己破産をした経験が頭をよぎり無理なんじゃないかと心配していました。

 

アコムで申し込みをしていると、無事にカードも発行されて、その場でお金を借りることができました。

 

その日のうちにお金が手に入って助かりました。審査も簡単に通れるようで、自己破産の経験があっても無事に通ることができました。

 

自己破産の経験があっても諦めないでください。自己破産でもお金を借りれるアコムなら大丈夫です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

年金受給者でも気後れしないでアコムでキャッシング

 

年金の支給している人の悩みといえば、キャッシングができないじゃないか、という不安です。

 

会社員のように、まとまった金額の給料をもらっているわけではありません。年金でもらえる金額は.会社員の給料よりも大幅に下がります。

 

こんなに収入が低くなってしまったらキャッシングができない、と私は勘違いをしていました。

 

定期的な収入があれば問題なく借りることができます。年金受給者でもお金を借りれるアコムを利用すれば大丈夫です。

 

私がいつも利用しているのは消費者金融はアコムです。

 

日本でも有数の消費者金融で、サービスのクオリティーや、使いやすさの面でも高いレベルで安定しています。

 

私は65歳の男性で、消費者金融のアコムのキャッシングを利用するのは、63歳の時で初めてでした。

 

今の私もお金が借りられるのか、と思っていましたが、無事にお金を借りることができました。

 

私の友人もアコムの審査に通っていて、「年金受給者でも定期的な収入があるから大丈夫なんだろうな」という話はしていました。

 

ほしいものができた時にすぐに、お金が借りられるのが便利です。

 

金利をとても安く、返済する困ったことありません。

 

これからも年金受給者でも、お金を借りれるアコムを利用して、これからの老後を充実させていきたいです。

 

年金受給者だからといって、気後れしないようにしましょう。

 

 

アコムがあれば老後も安心

 

60歳を過ぎたとのことを考えていますか。特に若い方々は今生きるだけでも大変という人も多いでしょう。

 

しかし、もっと大変なのは年をとってからです。私は年金受給者をしていますが、生活が豊かというわけではありません。

 

年金生活が悠々自適と表現しているのは、素晴らしい会社の人たちだけです。

 

私は65歳の男性です。以前は東京都内の中小企業で働いていました。今では何とか国民年金で1ヶ月に7万円くらいの収入が入ってきています。

 

もちろんこの金額でぜいたくをすることはできません。お金に困ったときにはもちろん消費者金融のアコムを利用することにしています。

 

私がお金を使うのは、ギャンブルの時です。昔から競馬や競輪、競艇が好きで、どうしても1ヶ月に1回はやらないと気がすみません。

 

しかし年金暮らしになってしまうとギャンブルをやる余裕もありません。そんなときにアコムで申し込みをしてみて、アコムのカードを手に入れました。

 

アコムのカードを一枚持っていると便利です。

 

お金がないときに、さっと借りられますし、財布を落とした時にも、アコムに助けてもらったこともあります。

 

将来が不安な日本社会に年金受給者でもお金を借りれるアコムは絶対に必要な存在だと思っています。

 

若い人は、老後のことを考えて年金受給者でもお金を借りれるアコムの存在を知っておきましょう。

 

年金受給者で今、苦しいと思っている人もアコムがあれば安心だ、ということ知っておいてください。

 

 

アコムはフリーターやパートタイマーでも借り入れ可能!

お金を借りたいと考えている方からすれば、キャッシング即日融資が受けられ、

 

しかも在籍確認も行わないとなれば、ぜひ利用したいと思う方は多いはず。

 

アコムはまさにそのような良心的なキャッシング会社です。

 

しかし、「お金を借りたいけど、実はフリーターでして…」とか、「主婦でパートで働いていますが、今月は家計が苦しいから、

 

キャッシングを使いたいけど…」とか、お金を借りたいものの、収入が安定しないことから、キャッシングは利用できないと諦めている方も多いのではないでしょうか。

 

確かに、キャッシングを利用する際に審査は避けては通れないものですし、正社員のような安定した収入がなければ借入が許可されないというイメージは強いかと思います。

 

アコムの場合は、実は収入が多いか少ないかとか、正社員としている働いているかとか、そういったことにこだわりはなく、あくまでも毎月、安定した収入があるかどうかが大きなポイントとなります。

 

そのため、正社員でなくとも、アルバイトやパートでも毎月収入があれば、十分に借入できる可能性はあるのです。

 

フリーターやパートタイマーだからといって、キャッシングを諦める必要はありません。

 

アコムではそれだけ幅広い方々を対象に、安心して、より便利に利用してもらえるというのが、多くの人々から信頼を得ている理由なのです。

 

アコムは自己破産後にカードローン作れる?新規申し込みでお金借り入れしたい

 

アコムに限らず消費者金融で借り入れをしていて自己破産をした場合にはカードローンは作ることができません。他の消費者金融で借り入れをしようとしても自己破産の情報が伝わっているので借り入れをすることができません。

 

破産申請をして受理されてから7年間は消費者金融をはじめすべてのカード会社での借り入れはできなくなります。

 

 

カード会社で新規にカードローンを作ろうとしてもなかなかATMで承認の画面に変わらずに不可能であることを伝えられることがほとんどです。これはどこの金融機関でも同じで保証人を付けても書類が通ることはありません。

 

自己破産したということはそれだけで大きな信用を失ったことになりますので貸す方も回収できないことを考えると書類を詳しく見ることになります。そこで信用保証協会のリストに記録が残っていれば保証人に関係なく断られてしまいます。

 

特にアコムは過去に事故物件だった人の情報を長い間保管しているので10年以上過ぎても同じ人であることが分かると借り入れをすることはできません。どうしてもお金が必要でローンを組んで買い物をしたい場合はほかの方を考えた方が得策です。

 

アコムにこだわる必要はありません。例えば車を購入するときにはどうしてもローンを利用しないと買うことができない場合が多いと考えられます。その時には自動車会社で提携している別の信販会社を利用すると働いていて収入がある人を保証人につけることで問題なくローンを組むことができます。

 

他にはインターネットを利用してカードを作る方法があります。通常の金融機関と比較して審査が緩いこともあるのでカードを作ることが比較的容易にできます。7年という期間は長いですが、ここから返済に滞りが無ければ新たな信頼関係を築き上げることができます。

 

1回でも自己破産をするとアコムなどの消費者金融で新規にカードを作ることをあきらめた方が無難です。普通の銀行であれば担保物件があって評価額が高ければカードローンを作ることも可能ですが評価額が低いときには希望した金額を借り入れることはできません。

 

インターネットなどでカードを作るときは本人確認だけで最初は30万円までの借り入れが可能になります。返済が順調に行われていると本人が希望しなくても50万円まで利用枠が広がるようになります。自己破産をしたということは今後の人生を左右する重大な事件です。

 

こうなる前に消費者センターなどに相談すると返済金額が少なくなるなど生活に支障が無いように弁護士や司法書士を紹介してくれて金融機関と返済額などを交渉してくれるので利用してみるのも一つの方法です。

 

 

過去に自己破産をした私でもアコムでキャッシングができた

 

自己破産経験者だけどアコムでお金が借りれた体験談

日本の経済状況はとても厳しく、ビジネスをしても失敗してしまった。

 

資金繰りがうまくいかなかった・・・このような失敗をするのはどうしようもありません。

 

うまくいかない結果、自己破産をしてしまった人も多いことでしょう。

 

自己破産をしてしまうと信用情報に悪影響が出て、

 

お金を借りようとしても借りられない、という事態に陥ってしまいます。

 

その時に頼りになったくれたのが自己破産でもお金を借りれるアコムでした。

 

私は52歳の男性です。30代の頃に事業を始め、1度自己破産をしました。

 

そのため、お金を借りたことが最近までありませんでした。

 

最近少しお金が必要になり、消費者金融のアコムにお世話になりました。

 

自己破産の経験者でも、

 

消費者金融のキャッシングができるかどうか不安に思っていましたが、無事に審査に通ることができました。

 

自己破産の経験があったとしても、今の私は定期的な収入がありますから。審査に問題なく通ったようです。

 

消費者金融のアコムは、一流の消費者金融だけあって、

 

使いやすさ抜群です。自己破産の経験があっても、時間がたてば大丈夫だと思います。

 

金利も安く、全国各地のATMを使えて、

 

自己破産でもお金を借りれるアコムがあれば、これから便利な生活をしていけそうです。

 

自己破産の経験があっても諦めないでください。

 

 

アコムの在籍確認情報 勤務先連絡ある?

アコムを始めとする消費者金融、ならびに銀行などを利用して行う借金の一つである「カードローン」には、契約以前に行う儀式のような手続きが存在します。

 

もっとも、カードローン以外の商品を利用する場合にも関係はあるのですが、たとえば銀行からマイカーローンを借りようとしている場合とは、目に見えて違った状況になりやすいのがカードローンです。

 

「お金借りる」という行為自体は何ら変わりはありませんが、マイカーローンのように「特定の目的にのみ使用できる借金」と、カードローンのように「基本的には使途に制限のない借金」では、根本的な性質が異なります。

 

前者は必ずしも資金的に困窮している状況で利用するわけではありませんが、後者はその性質が比較的強い特徴があります。要は、「同じ借金でも返済リスクに大きな違いがある」ということです。

 

返済される可能性が比較的低めになるカードローンに関しては、銀行ローンと比べて非常に高い金利が設定されています。継続的に大きな利息を回収し続けることによって貸し倒れに遭遇した場合のリスクを分散させているわけですが、その代わりに審査基準が比較的緩やかなものになっていることが多いです。銀行ローンの場合は金利が低く設定されているので負担は少なく済む反面、契約までのハードルが高めに設定されている点がネックになります。

 

カードローンの審査基準は比較的緩やかなものですが、「根本的な返済能力に応じた評価がされる」という点では何ら変わりはありません。たとえば、100万円を借りたい人に求められる条件として、銀行ローンの場合は年収500万円なのに対し、カードローンの場合は年収300万円になるといった程度の違いがあります。実際にはそれほど明確な差になることは稀ですが、「違いがある」という知識は持っておいた方が賢明です。

 

カードローンを利用しようとしている人の多くは、「すでにお金に困っている状態」です。特に金銭的に困窮しているわけではなく、単に「自身のお金を減らしたくない」という理由でカードローンを利用する人もいますが、そういった利用をする人はごく少数派です。そのため、カードローンの審査では「当座の返済能力の担保」などを目的として、「在籍確認」が行われます。

 

在籍確認とは、審査申し込みの際に申告した「勤務先」に対して、「本当に働いているのかどうかを確認する行為」です。

 

たとえば、アコムにカードローン審査を申し込む場合は「申し込みフォーム」に所定の内容を登録していくことになりますが、その段階で「勤務先」という項目があります。勤務先の名称、住所、連絡先、所属部署、役職、勤続年素などを申告し、その内容に応じて評価されます。

 

アコムに限らず、お金を貸す側にとって「働いている場所の情報」は非常に重要なものです。なぜなら、それによって返済能力を推測することができるだけでなく、万が一本人との連絡が付かなくなってしまった場合にも勤務先に連絡をすればつながる可能性が残るからです。貸したお金を回収するためにとれる選択肢は1つでも多い方が貸す側にとってはメリットになる以上、しっかりと確認されることは避けられません。

 

当然、アコムに申し込みをする場合も在籍確認が行われます。というよりも、すべてのカードローン審査ではこれが必須条件となっているので、基本的にはどのカードローンを選択したとしても在籍確認はあります。ただ、その方法は必ずしも限定的なものではないため、アコムのように「電話連絡が必須」と定めているカードローン業者もあれば、「電話が好ましい」「書類の提出のみで可能」など、さまざまな基準を設けているところがあります。