エポスカード在籍確認ある?即日融資希望だけど・・・

エポスカード在籍確認ある?即日融資希望だけど・・・

エポスカードVisaは申請してから早いと数時間で審査結果の報告が届きます。

 

キャッシングをする際に特に気になるのが、勤務先への在籍確認ではないでしょうか。

 

在籍確認とはお金の融資を受けるにあたって、審査をされることになるのですが、

 

その際に申し込み者が申告をしたことが本当に正しいのかを確認することです。

 

会社に直接電話がかかり、キャッシングをしていることがばれてしまうのではないかと不安に感じている方も多いです。

 

しかし賃金業法で契約の事実を知らせてはいけないという法律があるので

 

会社に在籍確認を行う際に会社名がわかるような対応は基本的にしません。

 

 

「○○と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?」という風に相手がきちんとその会社に勤めているかを確認するだけなので、

 

会社の人にキャッシングしていることがばれることはほとんどありません。

 

また架空の会社名やお客様が希望する名前を名乗ることも法律で禁止しているので、

 

現在ではおこなわれていないと認識してもらえれば大丈夫です。

 

しかし個人名を名乗るにしても希望時間帯に電話を掛けてくるにしても会社に電話をかけてこられるのは困るという方もいるでしょう。

 

その場合は収入証明のできるものや社員証などをあらかじめ在籍が確認できるものを書類上で提出しておくという方法があります。

 

この方法で金融会社から電話がくることを防ぐことができます。

 

しかし未成年者の場合は親の許可が必ず必要になってくるので、親にばれることは理解しておきましょう。

 

ではクレジットカードであるエポスでキャッシングをする際にばれてしまう危険性はどれくらいかというと、基本的には低めだと言えます。

 

エポスカード在籍確認ある?即日融資希望だけど・・・

エポスカードはショッピング枠とキャッシング枠があり、ショッピング枠だと、

 

ショッピングをした代金をカードで立て替えることができます。

 

現在は学生の方でもクレジットカードを持っているくらい、

 

クレジットは普及しているのでもし会社に電話がかかってきてもクレジットカードを作ったのだと思ってもらうことができます。

 

電話がくる前に電話をとる人にあらかじめ「クレジットカードを作ったからもしかしたら確認の電話がくるかもしれない。」

 

と伝えておけば怪しまれることもなく自然に対応することができるでしょう。

 

また他にもできるだけ会社にキャッシングをしていることがばれないようにするためには、滞納しないことがポイントです。

 

滞納していれば貸している側は返済をすることができるのか確認をしてくるので、

 

逆に言えば滞納さえしなければ確認されることはほとんどありません。

 

さらに明細が送られてくる場合なのですが、利用明細が第三者の目に入ってしまうことがあります。

 

家族にも職場の人にもキャッシングしていることは絶対にばれたくないのであれば、

 

利用明細をストップしてもらうことが可能です。

 

利用明細はインターネットでも確認することができるので、インターネットを使って自分で確認することができます。

 

しかしこの場合でも滞納している催促状はそのまま郵送されるので、注意が必要です。

 

滞納を防ぐためにはショッピング払いのリボ払いに気を付ける必要があります。

 

リボ払いには利子がついてくるので通常買ったものの値段よりも高いお金が請求されることがあるからです。

 

ではどういった方に在籍確認の連絡がいくのかというと一概には決まっていません。

 

契約者以外の第3者にエポスカードが職場に在籍確認の連絡をすることは全員に対してではない可能性が高く、

 

在籍確認がなくても審査に合格した人もいますし、カード会社の判断になります。

 

そのため人によっては確認がいくかもしれないしいかないかもしれないということです。

 

スポンサードリンク

 

 

エポスカードの明細は郵送される?誰にもばれたくないなら

 

クレジットカードの明細は封筒に入った状態できますので、開けない限り何に使ったかわかることはありません。

 

しかし家族と住んでいる人の場合は、もし開けられたら…、という不安を抱いてしまう人もいます。

 

クレジットカードによって明細が紙で送られてくるところと、インターネット上で確認することができるところがあります。

 

エポスカードは明細郵送があるのでしょうか?

 

エポスカードは紙で明細を送ってもらうことも可能ですが、最近ではインターネット上で紹介できる、ご利用明細Net照会サービスを推奨しています。

 

このサービスに登録しておくと明細郵送がなくなるだけでなく、エポスカードのポイントを250ポイントをもらうことができます。

 

ご利用明細Net照会サービスはエポス会員の70%近くの人が利用しています。

 

ペーパー1通を削減することによって、CO2排出量が500グラム減少し、環境にとっても良いです。

 

冷房を1時間減らすとCO2はおよそ26グラム減りますので、500グラムは20時間分の削減になります。

 

環境に良いのもこのサービスの良いところですが、ログインしないと明細を見ることができなくなりますので、

 

家族であっても何に使ったか知るすべはありません。ふとした瞬間にカードの利用状況がばれてしまう心配がなくなります。

 

明細をネットで見るようになることのメリットは他にもあります。エポスではさまざまなキャンペーンを行っていますが、その多くはエントリーが必要なものです。

 

せっかく条件をクリアしていてもエントリーしていないことで参加できていないキャンペーンがある人も多く、

 

ネットで頻繁にアクセスするようになることによって、未エントリーのまま終わってしまうキャンペーンが少なくなるでしょう。

 

また、エポスが行っているさまざまなポイントアップキャンペーンやお得な情報をいち早くキャッチできるようになります。

 

エポスには手紙の郵送の廃止だけでなく、他にもさまざま通知サービスがあります。例えば利用通知サービス。

 

カードが利用されると通知されるもので、不正利用の可能性を知るためには非常に便利な機能です。

 

支払予定額通知サービスも便利です。リボ払いの場合は毎月ほぼ変わらない金額の支払いになりますが、

 

一括払いにしている人は利用した金額によって毎月支払額が大きく変わることがあります。

 

このサービスを利用することによって、うっかり未払いになってしまう可能性を少なくすることができます。

 

 

エポスカード審査について 在籍確認あり?派遣社員はお金借りれる?

 

エポスカードは、通常の買い物でも200円につき1ポイント、提携店舗ではボーナスポイントが付与されるのに加えて、専用サイトの「たまるマーケット」を経由してオンラインショッピングに利用すれば、

 

最大で30倍ものポイントが貯まる、大変お得なクレジットカードです。

 

電子マネーの楽天Edyのチャージに利用できるだけではなく、通常の200円につき1ポイントに加えて、1000円につき5ポイントのボーナスが付与されるのも、本家の楽天カードを超える、エポスカードだけの特典です。

 

公式アプリでは、毎日チャレンジできるミニゲームで、1日最大3ポイントが貯まります。

 

付帯保険も充実しており、年会費無料のクレジットカードには珍しく、海外旅行傷害保険が付いており、いざという時に頼りになる存在で、海外旅行の際には、ぜひ持って行きたい1枚です。

 

その他にも、提携のレストラン、居酒屋、カフェ、遊園地、温泉などでエポスカードを提示すれば、特別な割引や優待を受けることができます。

 

そんな、お得なクレジットカードのエポスカードですが、入会時の審査で行われる在籍確認が気になるところです。

 

特に、派遣社員の方は、クレジットカード会社により、評価がまちまちであるため、自身の属性がどのような判断になるのかを考えると、申し込みを躊躇してしまうことも少なくありません。

 

しかし、エポスカードの公式ホームページの申し込みフォーム内にある、「おしごと」の欄では、該当する職業のチェックボックスをオンにしますが、

 

そのメニューの中には、「契約社員・嘱託社員・派遣社員・アルバイト・パート」という項目があります。

 

このことからも、同社では、派遣社員の方であっても、大切なお客様として歓迎している何よりの証拠であり、職業によって入会が断られる理由は、一切ありません。

 

入会するところまでは、何ら問題ありませんが、ここで考慮が必要となるのが、キャッシングでお金借りるケースで、ここからは法律の問題も絡んできます。

 

貸金業法では、年収の3分の1までの借り入れしかできないと言う法律になっており、厳格な本人確認と収入の証明が必要になりますが、その中でも、在籍確認が来ないケースがいくつか存在しています。

 

いちばん大きいのは、過去の運用実績で、入会の直前まで、他のクレジットカードや、ローンなどで、

 

支払いの滞りが一切無く、しっかりと返済し、優良顧客として扱われていた場合は、在籍確認の対象とならないケースがあります。

 

逆に、過去に支払いの滞りがあるなどして、ブラックリストに掲載されているケースや、一切の過失は無かったとしても、過去の運用実績が無い、いわゆるスーパーホワイトも、在籍確認があります。

 

重要となるのが、キャッシング利用枠の設定で、年収の3分の1を大きく上回るようであれば、返済能力を疑問視され、在籍確認があります。

 

 

もうひとつ重要なのは、本人確認の方法です。

 

クレジットカードの申し込みの際に、本人確認書類の提出がありますが、

 

その中でも、免許証のコピーと免許証番号を提出した場合は、在籍確認の対象とならないケースがあります。

 

エポスカードの申し込みフォームにも、免許証番号を入力するウィンドウが用意されています。

 

これらは、公的機関が発行する最高レベルの身分証明書となるだけではなく、

 

クレジットカード会社から免許証番号をオンラインで照合できるシステムがあり、

 

瞬時に真偽が判定され、本人確認が完了する仕組みが確立されていることにあります。

 

最後にまとめると、派遣社員か否かによって、キャッシングでお金借りるための在籍確認が判断されるわけではありません。

 

ポイントとなるのは、法令の定める年収の3分の1以下で十分返済できる枠に設定することと、

 

本人確認書類に、免許証のコピーと免許証番号を提出することにあります。

 

エポスカードは自己破産では作れない?明細は郵送される?

 

エポスカードを作る場合、過去に自己破産をしたことがある人は申し込んでも審査に落ちる可能性が高いと考えた方が良いでしょう。

 

キャッシング機能を付けない、ショッピング機能のクレジットカードを希望していても変わりありません。一般的に審査では年齢や安定した収入があるかだけでなく、個人信用情報機関の記録も参照され、支払いを延滞していたり、債務整理した記録があると、支払えなくなる恐れがあるので信用されずに審査に通らなくなります。

 

この記録は永久に残るものではなく、自己破産の場合は5〜10年で削除されます。この期間の差はどの機関の記録を参照するかで異なっており、クレジットカード会社の多くはCICとJICCを参照するので5年間、銀行の場合は全銀協を参照するので10年です。

 

通常は削除された後は過去のトラブルを追跡できなくなるので、属性やクレジットヒストリーが十分であれば自己破産した後でも審査に通ることがありますが、エポスカードは他社とは異なる情報も参照しているのが問題になります。

 

利用規約の中には官報の情報を利用していると明記されています。これは債務整理の中でも個人再生や自己破産を利用したときに掲載されるもので、一般人が見るものではありませんが、1か月分は無料で閲覧でき、過去の分も有料であれば閲覧が可能です。

 

これを自社でデータベース化して利用しているので、個人信用情報機関の記録が削除されても追跡が可能です。絶対に通らないとは言えませんが、落ちてしまう場合は官報が影響していると考えられます。

 

支払いの延滞や特定調停、任意整理の場合は官報に掲載されないので、時間が経過すれば審査に通るようになります。ただし、エポスカードを使ってトラブルになった場合は自社のデータベースに残ってしまうので、再契約は難しいです。

 

また、本人名義での契約しか行っていないので、親や配偶者が契約して家族カードを発行してもらう、という手段も使えません。他社でも同じように官報を参照している金融機関が存在しているので、個人再生や自己破産を行った場合、該当するところに申し込んでも落ちる可能性が高くなるため、官報を参照しないところを探して選んだ方が良いでしょう。

 

利用明細はインターネットを使う照会と郵送の2種類がありますが、カードの利用状況で発行料が発生するので注意が必要です。ショッピングの1回払いだけであれば、2017年10月27日から明細書1通当たり税抜80円が必要になる変更がありました。無料の「ご利用明細Net照会サービス」に登録すると郵送を止められるので無駄を省けます。分割やリボ、ボーナス払いを利用していたり、キャッシングをしている場合は郵送でも無料です。

 

家族に知られたくない場合には、期日までに登録して照会を済ませておきます。ただし、登録していても郵送されてしまうケースがあるので注意が必要です。キャッシングのコース変更やリボ変更をした場合にはその通知が、毎月の期日までに照会を1度もしなかった場合には明細が郵送されます。

 

エポスカードは一般的には審査が甘いと言われているカードであり、何も問題を起こしていない人であれば落ちる心配は少ないですが、官報を見ているので自己破産者が希望する場合にはハードルがかなり高いです。

 

また、任意整理などであれば完済してから5年以上で記録は消えますが、クレジットヒストリーも全くない状態になるため、ここから債務整理を行ったことが推測されて審査に落ちてしまうこともあります。この場合は簡単に作れるカードを先に発行して半年ほど利用し、クレジットヒストリーを見ても怪しまれない状態にしておくと良いでしょう。