新生銀行カードローンレイクの審査 無利息キャッシングでお金をかりたいなら 自己破産でも借りれる?

 

基本的にすべてのローンは自己破産をしたあとは借りることができません。

 

債務整理をすると最低でも5年間は借り入れできなくなり、特に自己破産は長期に設定されています。

 

7〜10年程度は借り入れが不可となるため、その期間中はローンの申し込みを避けましょう。

 

借り入れできない状態で審査を受けてもペナルティはありませんが、時間をムダにしてしまうだけでしょう。

 

通過できないとわかっている状態で申し込みすることにメリットはありません。

 

新生銀行カードローンレイクの審査においても、自己破産をするとしばらくは借りることができません。

 

消費者金融・銀行などの金融機関を問わず、債務整理をすると借り入れできないのです。

 

無利息キャッシングでお金を借りたい方は、ブラックが消えるまで待ちましょう。

 

ただしブラックが消えても業者が連絡してくれることはないので、ここは注意してください。

 

すでにブラックから除外されて借り入れできる状態になっていても、その旨について連絡がくることはありません。

 

金融機関からローンのチラシや勧誘がくるようになったら、ブラックから除外されていると考えることができます。

 

ネットの情報ではブラックを消す方法なるものが紹介されていますが、そうした裏技は存在しません。

 

もし簡単に消すことができるなら、個人信用情報機関が存在する意味がなくなります。

 

ブラックを消すことが可能だとしたら、何もせずにブラック解除になるまで待ってしている人は損をするだけでしょう。

 

ブラックというのは個人信用情報機関に事故情報として登録されることであり、一定期間は消えることがありません。

 

ただし、必ず10年と決まっているわけではなく、思いのほか早く消えることもあります。

 

ブラックが消えたかどうか調べるためには、個人信用情報機関にデータ開示を求めることになります。

 

これは有料となりますが、開示請求をしなければブラックかどうか判断することはできません。

 

新生銀行カードローンレイクの無利息キャッシングを利用したい方は、自己破産から10年くらい待ってみるのがいいです。

 

すでに10年を経過しているなら、新規で借り入れができるでしょう。

 

ただし過去にレイクで借り入れしていた方の場合、データが残されている可能性がありますから、その場合は借り入れできないかもしれません。

 

具体的にはレイクからお金を借りていて、返済できなくて自己破産をした場合です。

 

任意整理だと特定のローンだけ選んで整理することが可能ですが、自己破産の場合はすべてのローンが対象となります。

 

債務整理全般はブラックになりますが、過払い金請求だけは例外となっています。

 

過払い金は払いすぎた利息であり、借金には該当していません。

 

過払い金請求だけで借金を解決した場合においては、ブラックになることはないのです。

 

そのため新生銀行レイクの無利息キャッシングに申し込むことが可能になります。

 

無利息期間中は利息が1円も発生しないので非常にお得になっています。

 

現在のレイクは新生銀行の銀行ローンに属しており、総量規制の対象外なのもメリットです。

 

現在において借金の返済が厳しくなっている方は、銀行ローンで一本化することも考えてみましょう。

 

低金利になれば毎月の返済が楽になりますから、債務整理を回避できるかもしれません。

 

債務整理をひとたび行ってしまうと、たとえ任意整理でも5年間はブラックになります。

 

キャッシングだけでなく住宅ローンや教育ローンの申し込みもできなくなるので、近いうちにローン契約の予定がある方は注意が必要でしょう。

 

安全にローン返済をするためにも、無理な借り入れをしないことが大切となります。

 

コツコツと返済するためにも、借りすぎには十分に注意してください。

 

スポンサードリンク

 

新生銀行レイクカードローン審査は厳しい?自己破産でも借りれるかどうか 新規融資停止の真相

 

レイクカードローンと聞くと消費者金融のカードローンなどのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、レイクカードローンは新生銀行のレイクブランドによるカードローンで、銀行が用意しているローン商品です。消費者金融の場合は総量規制が適用されますが、銀行は総量規制適用外になっているので、返済能力に応じて年収の3分の1を超える申し込みを行う事は可能です。

 

レイクブランドは、消費者金融のレイクから引き継いでいるもの、新生銀行レイクの信用保証業務を行っているのは旧レイクであり、審査を受ける時には銀行だけでなく、消費者金融と銀行がそれぞれ加盟登録を行っている信用情報機関が管理している個人信用情報を照会する形になります。

 

個人信用情報には借金の有無や返済遅延、申し込み記録などが行われているので、情報の中に不備があると審査に通過する事が難しくなります。

 

特に、延滞や自己破産などのブラック情報は致命的と言えましょう。自己破産の場合は官報に情報が掲載される事になるのが特徴です。官報は国が発行する情報誌、裁判所での決定事項が掲載される、官報情報は信用情報機関が共有化を行っている関係からも、個人信用情報を照会すれば自己破産を行った事が一目瞭然になります。

 

但し、自己破産などのブラック情報は一定期間を過ぎると自動的に消滅するようになっています。例えば、10年前に自己破産の免責手続きを行っている場合は、現在個人信用情報にはブラック情報が掲載してありません。そのため、銀行や消費者金融のカードローン申し込みを行った場合、審査に通過する確率は高くなるわけです。問題は、消滅していない段階で申し込みを行った時に審査に通過出来るのかと言う事です。

 

結論からすると、ブラック情報が掲載してある段階では、新生銀行レイクカードローンの申し込みを行っても審査に通過する事が出来ませんので、申し込み後数時間もしくは翌営業日には結果連絡が入ります。ちなみに、この時点で審査に通過した場合、契約を結ぶ事になり、その中で勤務先への在籍確認が行われます。

 

一般的に、在籍確認は最終審査の一つでもあり、電話連絡が入った場合には、余程の事がない限り審査に通過していると言われています。ブラック情報が個人信用情報に掲載してある場合には、在籍確認の電話連絡は行われませんし、それ以前に審査落ちの連絡を受け取る事になります。そのため、個人信用情報内にブラック情報の有無を確認しておくと良いでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

新生銀行カードローンレイクと新生銀行スマートカードローンプラスの関係は!?貸金業法の規制で自己破産者は借りれない?

 

新生銀行カードローンレイクとスマートカードローンプラスはいずれも新生銀行が行っている無担保のカードローンです。金利はレイクが4.5〜18.0%と銀行では高めになっている代わりに初回利用者は5万円までなら180日間、全額であれば30日間の無利息融資を受けられる期間があるのが特徴であり、短期間で返済する場合には有利になります。スマートカードローンプラスは4.5〜14.8%でレイクよりも低くなっていますが無利息期間はないため、長期的に利用する場合にはこちらが有利です。ただし、既にレイクの契約をしている人は申し込めないので先に解約しなければなりません。限度額の上限はどちらも500万円なので同じであり、銀行では低い金額になります。

 

少し分かりにくいですが、2種類の無担保カードローンがあるのは新生銀行が元々は消費者金融であったレイクを2011年に吸収したためであり、以前は総量規制の対象になっていたので年収の3分の1までしか借りられませんでしたが、現在は対象にならないのでこの制限がありません。しかし、現在も消費者金融のままだと思っている人もおり、総量規制の対象になると誤解されることがあります。なお、総量規制の対象外でも年収に関係なく好きなだけ借りられるわけではなく、実際には年収の3分の1以上の借り入れをするには新生銀行に信用されるだけの安定した収入が必要です。

 

自己破産者はどちらのローンも借りられませんが、貸金業法の規制ではなく信用されないことが原因です。銀行法によって経営されるので貸金業法の規制には影響されませんが、審査では貸金業者と同様に個人信用情報機関の記録を参照して申し込み者の信用性を確認するので、自己破産した記録があれば貸し倒れのリスクが高いと判断するので審査を通しません。この記録は保持期間が決められていますが、銀行が参照する全銀協の保持期間は10年間なので、その間は借りられなくなります。また、銀行や保証会社にも独自の記録が半永久的に残されるので、新生銀行でローンを組んで自己破産した場合は10年以上経過しても審査に通ることはないと考えた方が良いです。

 

レイクについて、2017年12月に新規顧客への融資は3月で停止し、4月を目途に子会社の消費者金融である新生フィナンシャルで新たな商品を発売すると発表がありました。前述したように消費者金融としての認知度が高かったため利用者が伸び悩んでおり、元に戻るような形になります。新規への融資が停止されるだけなので、既存の顧客が一括返済を要求される心配はありません。

 

 

自己破産でも借りれる銀行ある?レイクは新生銀行だけど消費者金融よりなのでお金借りれるか

 

自己破産をすれば7〜10年間はあらゆる金融機関からお金を借りることはできません。銀行・消費者金融を問わずに借り入れは不可となり、新生銀行のレイクも借りられません。

 

かつてのレイクは消費者金融でしたが、当時から自己破産をすると7年以上は借り入れできませんでした。個人信用情報機関に自己破産の履歴が残ってしまうので、嘘をついて借り入れすることはできないのです。過去にレイクに申し込んだことがなくても、レイクから個人信用情報機関に情報開示請求をすることができます。

 

どのようなキャッシングにも審査があり、ここで信用力が測られます。年収・職業のほかにも過去の利用履歴をチェックされるので、自己破産や延滞はすべてバレるわけです。

 

嘘はバレるので意味はなく、信用力を落とすデメリットしかありません。自己破産をして5年程度しか経過していない場合は、借りられない可能性が極めて高いです。例えば借入限度額の最低額で申し込みをして落ちた場合は、まだブラックの状態にあるはずです。レイクは1〜500万円まで対応しているので、1万円で申し込んでみるとよいでしょう。1万円で落ちてしまうなら、まだブラック中と考えてよいです。

 

ブラックはいずれ登録から消えるので、自己破産をしても将来的にはレイクで借りることはできます。ただしブラックが消えても個人信用情報機関が伝えてくれることはありません。自身で情報開示請求をすれば可能ですが、有料なので注意してください。過去に自己破産をした人は、最低7年間は待ってみることをおすすめします。

 

再び借り入れができるようになれば、金融機関側から融資パンフレットが送付されてくる場合があります。パンフレットが届くようになったら、ブラックが消えたと考えることができるでしょう。

 

ブラックの期間中は小手先のテクでお金を借りることはできないので、ひたすら待ちに徹するのがよいです。キャッシングは年収の10%程度なら問題なく借りられることが多いので、1万円で落ちてしまうようならブラックが理由だと考えられます。ブラックで借りられない状態にあるなら、再びキャッシングを利用するときまでに家計管理を徹底しておきましょう。ローンで返済不能になる人は、ほとんどの理由が借りすぎ・使いすぎにあります。浪費が習慣化しているとローンに依存する傾向があるので、まずは無駄な出費を解消することが大切です。収支のバランスを把握しておけば、ローンが必要になっても借り入れを最小限に抑えられます。

 

 

レイクカードローンで他社借入あってもお金借りれる?多重社債務者のキャッシング

 

ほかの消費者金融や銀行からお金を借りているけれども、さらにお金が必要となりレイクカードローンでキャッシングをしようと考える人もいるものです。レイクは現在は消費者金融ではなく銀行のカードローンであるため、レイクカードローンを利用するということは株式会社新生銀行からお金を借りるということと同じです。

 

今現在でもレイクは消費者金融だと思っている人が多く見られていますが、それほど消費者金融のイメージが定着しているといえます。レイクは銀行のカードローンであるため、比較的審査が厳しいと言われています。保証会社の成約は30パーセントほどとなっていて、消費者金融の成約率が50パーセントほどであることから、かなり低いことがわかるでしょう。

 

レイクカードローンの審査は仮審査と本審査の2段階で行われます。仮審査ではインターネットからも申し込みができ、独自の審査システムにより自動的に行われるものです。この仮審査でほぼ融資が受けられるかどうかは決まるといってもよいほどです。また本審査は書類審査と在籍確認が行われるもので、主に入力不備や虚偽の申告がなければ審査は通過できるといえます。

 

お金を借りる際に多重債務者の場合には、キャッシングができるかと心配する人も多いことでしょう。レイクカードの審査に落ちやすい人の特徴としては、安定した収入が見込めない人、多重債務になっている人、信用情報に事故履歴がある人などがあげられるでしょう。すでに多重債務の状態になっている人は、たとえほかの金融機関であってもお金を借りることは非常に難しい状態です。他社からの借り入れが一件で少額であれば借りられる可能性もあるかもしれません。

 

また以前に違う金融機関でお金を借り、完済してそのままにしている人もいるかもしれませんが、解約をしていないのであれば契約はまだ続いている状態です。そのため以前借りたことがある消費者金融に問い合わせて、もしも契約が続いているようであれば解約をおこないましょう。消費者金融の判断により様々ですが、同じところで借りたいと思った場合にはすぐに再発行されて借り入れができる可能性もあります。

 

以前にクレジットカードから借りたことがある人は、契約更新が定期的にあるので、契約更新の際に更新をしなければ特に問題はないでしょう。しかし消費者金融のキャッシングの場合には、ほとんどの場合自分から解約を申し出なければ解約できないケースがほとんどです。契約が残っていたために審査落ちしてしまう可能性もあるので、利用しないものは解約しておきましょう。

 

 

新生銀行はお金借りる審査甘い?どうしてもすぐにお金が必要

 

どうしてもすぐにお金が必要となった時に、お金を借りる一つの手段として銀行のカードローンを利用することが挙げられます。新生銀行のキャッシングを利用しようと思ったけれども、申し込む前に審査が甘いのかを知っておくことも大切です。

 

新生銀行のカードローンの特徴としては、30日間無利息や5万円までは180日間無利息のどちらかを選べる無利息サービスや、土日祝日でも即日融資が受けられること、カードレス対応によって自宅に郵便物が送られてくることもなく、カード発行なしでも利用できるという特徴があります。新生銀行のキャッシングには30日間、もしくは5万円まで180日間の選べる無利息サービスが存在しています。もしも30日間の無利息サービスを利用した場合には、翌月までに完済することで利息が0円でキャッシングを行うことができます。

 

また土日祝日でも即日融資が受けられるという特徴もあるので、どうしてもすぐにお金が必要という場合には便利に利用できるサービスと言えます。平日だけではなく土日祝日でも即日キャッシングを行うことができ、申し込み画面にそのまま審査結果が表示されるため、早い場合には10秒ほどで審査結果が通達されることとなります。独自のノウハウと人工知能を搭載する審査システムが構築されているため、スピーディーに審査結果を知ることができます。

 

またカードレス対応しているため、カードの発行がなくても利用することができるので、自宅に郵便物が来ることもありません。

 

そして気になるのがやはり新生銀行のキャッシングの審査は甘いのかということです。基本的には年収で利用限度額が決まり、信用情報に問題がなければ年収の3分の1ほどとなるケースが多いでしょう。もしも年収が400万円の人であれば130万円ほどとなります。もしも他社からの借り入れがある場合には限度額が大きく変わるので、もしも初めて借り入れをするのであれば年収の3分の1ほどの融資が受けられると考えておきましょう。

 

また在籍確認が取れない場合には、本人に連絡してもらうことができます。多くの銀行カードローンでは在籍確認ができなければ審査落ちしてしまうケースが見られますが、新生銀行のカードローンでは勤め先に在籍確認が取れなかった場合には、本人にその理由を聞くために連絡をしてくれるため安心です。

 

また固定電話がなくても問題なく通過することが可能です。場合によっては電気やガスなどの現在住んでいる場所がわかる書類を求められることもあります。