水商売でもお金借りれる? 在籍確認できないんだけど

 

消費者金融を利用すれば水商売でも借りれる条件があります。そもそも、消費者金融のような貸金業者には、融資に関する職種の限定が存在しません。

 

言い換えると、どのような職種であっても一定の給料を得ているのであればお金を借りることができるのです。

 

実際に、消費者金融では水商売にかぎらずアルバイトやパートしかやっていない人であってもお金を借りることができます。

 

このように決められているのは法律的な基準が銀行のそれとは違ってゆるいものになっているということを知っておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

消費者金融であるのならば、基本的にどこの会社からでもお金を借りることが出来ます。

 

これは貸金業法という法律的なルールで決められています。

 

貸金業法には融資に関連する明確な基準が存在し、その基準に従って消費者に対して融資の契約を締結しています。

 

具体的には、融資の基準として判断される大きなポイントとして年収が存在します。

 

本来、お金を借りる時には一定以上の年収が存在しないとお金を借りることが出来ません。

 

銀行でお金を借りる時には必ず所得の証明をするための収入証明書が必要になりますし、

 

条件によって勤続年数を証明することが可能な証明書も提出しなくてはいけないのです。

 

これは、年収を把握して本当に消費者がお金を返すことができる返済能力があるのかどうかを判断しているからにほかなりません。

 

この判断の際に、年収という基準が銀行では使われるのです。

 

ところが、消費者金融ではこのような基準で年収を利用することはまずありません。

 

消費者金融の場合には、年収はあくまでも融資の限度額を設定するための基準として決められます。

 

お金を簡単に貸すことを前提として年収で上限を決めているわけです。この年収に関連する限度額の基準を一般的に総量規制といいます。

 

総量規制は、消費者金融に関連するあらゆる融資の限度額の基準になりますので覚えておきましょう。

 

総量規制は、消費者の年収の3分の1という明確なポイントで融資の限度額を判断します。

 

例えば、年収が300万円の人がいた場合には限度額として設定できるお金は大体100万円ということになります。

 

この限度額はすべての消費者金融で共通で、この限度額の範囲内で必ず融資の金額を収めなくてはいけません。

 

特定の会社から40万円のお金を借りた場合には、他の会社では残りの60万円しか借りることが出来ないわけです。

 

こうした限度額の明確な基準を設定していると、消費者金融と消費者走法に大きなメリットが生まれます。

 

なぜ総量規制でそのようなことが言えるのでしょうか。明確な限度額が存在するということは、

 

その限度額を超えた融資をすることは法律違反になりますので実行することは出来ません。

 

言い換えれば、その範囲内の融資ならば絶対に年収の3分の1を超える融資にはならないので、

 

返済をすることができなくなるといった事態に発展する可能性もなくなるわけです。

 

年収が100万円程度しかなくても、お金を貸す範囲として約33万円程度の限度額を設定できれば

 

その範囲では安全にお金を借りることができるでしょう。こうした明確な基準と安全性があるから、

 

アルバイトやパート、そして水商売をやっている人であっても容易にお金を借りることができるわけです。

 

消費者金融は、全て貸金業法のもとで提供されるので例外的な規定は存在しません。

 

職種が限定されることも絶対にないので、法律に書かれている条件さえ満たせば学生であっても

 

お金を借りることが可能です。事実、学生専用の消費者金融は既に存在しますので容易に借りることが出来ます。

 

消費者金融の敷居は法律によってものすごく低くなっていることを知っておきましょう。