自動車ローンの審査と注意点 金利を比較して賢く借りる

自動車ローンの審査と注意点 金利を比較して賢く借りる

昔ほど、高価な車に憧れる若者はいなくなったといいますが、それでも家族用の車を求める人はいるものです。

 

新しく自動車を買う時は、現金で一括払いにするのではなく、自動車ローンを遣う人は少なくないようです。

 

また、自動車を購入する必要が生じた時に資金が足りない人は、ローンを遣うしかありません。

 

まとまった貯蓄がある人でも、自動車購入用の頭金に一部をあてたとしても、全額をまとめて払うのは勇気がいるものです。

 

自動車ローンを取り扱っている金融機関は様々なところがあります。銀行系、信販系、ディーラー系などで、金利や、融資の特徴が違います。

 

申し込み手続きが簡単なことが、ディーラー系ローンの大きな強みです。

 

ディーラーローンの利点は、審査がすぐに終わること、

 

申し込み用紙の作成が簡単なことですが、その反面、金利は高めに設定されています。

 

信販系の自動車ローンの場合、金利がやや高めに設定されていますが、審査はスムーズにパスできるという人が多いようです。

 

低金利の融資を探すなら銀行系の自動車ローンですが、審査には時間もかかり、条件も厳しめです。

 

この頃は、ネットで申し込みかできるローンも人気がありますが、

 

これまでどおり金融機関の窓口に行かなければいけないローンもあります。

 

働いている人が、平日の日中に、ローンの手続きをするための時間を捻出するのは大変です。

 

その上、審査完了までしばらくかかります。

 

一度借り入れをしたら、完済までずっとそのローンとつき合っていかなければなりません。

 

どんな金融会社から融資を受けることにするか、よく検討してみてください。

 

スポンサードリンク

自動車ローンの金利について

自動車を買う時には、ある程度のお金がなければいけませんので、ローンを利用して資金をつくる人が多いようです。

 

様々な金融会社が自動車ローンの融資をしていますが、利用の仕方は、各金融会社によって異なります。

 

車は高い買い物ですから、購入する段階になる前に自動車ローンを利用するメリットや、特性についても知っておきましょう。

 

銀行のローンは、審査期間が長い代わりに、低い金利で融資を受けられます。

 

ただし、自動車ローンの場合は手数料が発生することがあります。

 

保証料の必要の無い自動車ローンもあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

利息にばかり注意を向けていて、手数料の面がおろそかになると、契約をしてから事態に気づくこともあります。

 

自動車ローンの審査と注意点 金利を比較して賢く借りる

自動車ローンは、ディーラー系の金融機関からも借り入れることができますので、選択肢に含めるといいでしょう。

 

銀行系の自動車ローンが、ディーラー系の自動車ローンより低金利なことに変わりないですが、ディーラー系はお得なイベントや、割引サービスがよく開催されています。

 

ディーラー系自動車ローンを利用して車を買った場合、車自体の価格が値引きされてお得になることがあります。

 

顧客が提携金融機関の自動車ローンを組んで車を購入した場合、

 

ディーラーには手数料がいきますので、車の割引に少し転化できるのです。

 

ディーラー系で自動車ローンを組んで、車体価格を下げて購入した後、

 

少し経ったら金利の安い銀行でローンを借り換えるという方法もあります。

 

ローンの利用の仕方をじっくりと検討した上で、自分にとつて都合のいい自動車ローンの使い方をしましょう。

 

自動車ローンを比較する方法について

 

利息以外の手数料の計算や、審査の通りやすさなど、自動車ローンの貸付条件は、どの系列の金融会社かによっても違います。

 

買いたい車をすぐにでも購入するための資金が不足している場合は、自動車ローンを組んで購入資金にするといいでしょう。

 

教育資金や住宅資金、リフォーム資金など比較的まとまった金額が必要なときには、ローンを利用することが出来ます。

 

ローン資金を何に回しているかで目的型ローンの内容も決まりますが、自動車ローンは自動車を買うためのローンといえます。

 

自動車ローンは、普段は金融商品にあまり縁がない人ても、利用経験の少なくないローンです。

 

他のものは現金で購入している人でも、自動車はローンを組んで購入する人がほとんどでしょう。

 

どの金融会社が、どのような自動車ローンを扱うのか、自動車を買う前にある程度予想をつけておきましょう。

 

信販系は比較的金利が高く、ディーラー系は真ん中辺で、銀行のローンが最も低金利です。

 

金利は一番気になるところですが、金利では無いところで、それぞれのローンにメリットとデメリットがあります。

 

手続き自体が大変なこと、審査が厳しい上に、時間がかかって仕方がないものが、銀行系の自動車ローンです。

 

ディーラー系、信販系の自動車ローンは、手軽に申し込み書類が作成できて、審査も早く、内容もさほど厳しくない傾向があります。

 

金利だけでなく手続き方法や審査内容なども比較して、どちらを優先すべきなのか、自動車購入時には決めなければなりません。

 

 

自動車ローンの審査 自己破産でも借りれる?無利息キャッシングでお金をかりたいなら 職場連絡ある?

 

自動車ローンに限ったことではありませんが、自己破産をするとローンの審査通過はできません。ローンの審査通過のためには、債務整理をしないことが条件となります。自己破産以外にも個人再生、任意整理、長期のローン延滞などもブラックに登録されるので、今後のローン利用はできなくなります。無利息キャッシングなら大丈夫だと考える方もいますが、ローンと名前のつくものは利用できません。ブラックの状態にあるのに貸してくれる業者があるなら、それは健全な業者ではありません。

 

債務整理をすると個人信用情報機関に事故情報が登録され、これをブラックリストと呼んでいます。5〜10年間の登録となるのが普通で、自己破産の場合だと7〜10年と言われています。例えば30歳のときに自己破産をしたのであれば、再び借り入れができるのは37〜40歳くらいになるのです。その期間中に自動車ローンやキャッシングの契約をしようと考えても審査に通りません。ブラックから抹消されないと申し込みができません、申し込みをしても審査は不可となります。個人信用情報機関に対して金融機関は情報開示請求ができるので、嘘をついても確実にバレることになります。

 

自己破産中は自動車ローンの借り入れはできないので、お金を貯めてから一括購入するしかありません。給料の範囲内で生活を組み立てるしかないので、例えば30万円の貯金がある状態なら30万円の中古車を選ぶという感覚になるでしょう。自己破産をしたことを隠して業者から借りようとしても、審査に通過することはありません。個人信用情報機関に履歴が残っている以上、嘘をついてもすぐにバレます。何より嘘をつく人に対して融資しようと考える業者はいないので、嘘はつかないようにしてください。信用力とは年収や返済能力だけで決まるものではなく、性格面も大切になってくるのです。

 

自己破産の対象となるのは全ローンであり、例えばキャッシングだけを整理して自動車ローンは今まで通りに返済するというわけにはいきません。借入先やローンを選んで債務整理ができるのは、任意整理という方法だけです。それ以外の個人再生や自己破産は全ローンが対象となるわけです。金融機関に対して嘘は通用せず、勤務先をごまかしてもバレることになるでしょう。大手企業に勤務していて、年収600万円などと嘘をついても、すぐにバレることになります。金融機関は職場に対して在籍確認を取るので、嘘はすべてバレます。

 

自動車ローンの審査に落ちてしまったので、無利息キャッシングで代用しようと考える方は多いです。キャッシングのほうが審査通過しやすく、限度枠内で繰り返し借り入れできるメリットがあります。

 

ただし、キャッシングの場合も在籍確認はほぼ確実にあると考えておく必要があります。これは職場連絡とも言われるもので、申込者が在籍しているか確認するために行われます。嘘は確実にバレると言われる理由であり、無職なのに仕事をしていると嘘をついてもバレるのです。職場連絡は100%あるわけではありませんが、一般的に95%以上の確率で行われると言われています。

 

職場連絡は個人名で行われますから、これが原因でローンの利用はバレません。怪しまれる可能性はあるかもしれませんが、会社としても断定することはできませんから、深くは突っ込んでこないでしょう。

 

そもそもクレジットカードの契約をするときも職場連絡がくることが多いので、ローンの利用だとは特定されません。職場連絡の有無に関しては、申込者の信用力を考慮して決められることもあります。怪しいと思われる場合は行われるでしょうし、過去のローン利用履歴が優良なら在籍確認なしというケースもありえます。