自己破産でもお金を借りれる方法や可能性について

 

自己破産でもお金を借りれる方法や可能性について

自己破産などの債務整理をすると信用情報機関に情報が回っています。

 

自己破産後、5年から7年は絶対借りれないというケースもありますし、

 

7年どころか一生借りれない可能性もあります。

 

しかし逆に自己破産から3年程度でもキャッシング審査に通過できる可能性もあります。

 

 

→ 自己破産でもお金借りれる?

 

 

ですが自己破産した後も急にお金が必要な時もありますよね。

 

そこで破産でもお金を借りれる方法やその可能性についてお話したいと思います。

 

 

まず最初に私の知り合いが自己破産して5年後に大手消費者金融からお金を借りた例をご紹介しましょう。

 

市役所に勤める職員の中で自己破産する人は案外多くて、その後も平気で市役所に通っているのですが彼もその中も一人。

 

いくら借りれたかは教えてくれませんでしたが、自己破産した経歴以外は借り入れできる条件が整っていました。

 

「公務員」「安定した収入」「他社の借り入れがない」これだけ揃えば、自己破産にレッドランプが点滅していても、

 

消費者金融の支店が貸付ノルマに追われている時は支店長決済で通すかも知れないなあと思いましたね。

 

ですから、自己破産者を大手、中堅の消費者金融会社が相手にしてくれる可能性は、

 

「自己破産してから数年経過している」

 

「現在は安定した収入があることを証明できる」

 

「他社からの借り入れがない」

 

の3つの用件ですが相談に行くタイミングは

 

自己破産でもお金を借りれる方法や可能性について

月末、年度末の決算前など支店がノルマに追われていそうな時です。

 

ちゃんと書類を揃えておくのも即決してもらう大切な材料です。

 

注意点としては、インターネットや電話を使って相談しようなんて絶対思わないことです。100%断られます。

 

それから次の方法は街金ですかね。これは私が債務整理(特定調停)して2年後ぐらいに経験したことですが、

 

どうしてもお金が必要になって喫茶店のスポーツ新聞の金融広告欄を眺めていたら、

 

「ブラックでも即日融資可能!」という広告を発見。

 

また闇金なんだろうなあと考えながらもワラをもすがる思いで電話したら、意外な対応が返ってきたのです。

 

「せっかくお電話いただきましたがうちでは貸せません。

 

ですが大丈夫な会社をご紹介しますので失礼ですがどちらにお住まいですか?」

 

そして、近所の街金を紹介してもらったのです。

 

ただし条件として、紹介料を借りた額の20%振り込んでくれ。というものでした。

 

つまり、スポーツ紙に広告を載せていた会社は全国の街金とグルということ?

 

ですが、これで自己破産者でもお金を借りれる街金があることが証明されたわけです。

 

私はその時紹介された街金に行って10万円借りて2万円紹介料を払いましたが、

 

そんなことしなくて何件か街金を当たってみる価値はありそうですね。

 

ダメでもともとです。

 

スポンサードリンク

 

 

闇金ではない金融会社で自己破産でもお金貸してくれるのはどこ?

 

自己破産でもお金を借りれる方法や可能性について

自己破産は債務整理の方法のひとつで、

 

裁判所に破産宣告をして、借金を帳消しにしてもらうやり方です。

 

1度裁判所に破産宣告をすると、その後7年間はキャッシングできないことが一般的です。

 

2度目以降はお金を借りる基準がかなり厳しくなりますので、

 

まずこのことを頭に入れておくようにしてください。

 

自己破産した人やブラックの人にもお金を貸してくれるのかどうか?

 

そこはその人の属性や、信用情報に依存します。

 

 

それから、借金の理由がギャンブルなどの場合は、免責が下りないこともあります。

 

このような場合は全額返済を申し渡されることもありますので、注意しておきましょう。

 

そのようなこともなく、無事免責が下りると借金からは解放されます。

 

しかしその後何年間かは、お金を借りることができなくなりますし、

 

クレジットカードを作ることもほぼ不可能になります。

 

金融機関によって多少の違いがあり、

 

消費者金融の場合は5年間、銀行の場合は10年です。

 

クレジットカードの場合は、消費者金融と信販系が5年、

 

銀行はやはり10年は難しいと考えておきましょう。

 

しかし、自己破産するとお金を借りられなくなったり、

 

あるいはクレジットカードを作れなくなったりするのでしょうか。

 

それは、信用情報機関にブラックが登録されるためです。

 

いわゆるブラックリストに載るというやつです。

 

このブラックがあると、金融機関の審査に通ることが難しくなるため、

 

お金を借りたり、あるいはクレジットカードを作ったりすることがかなり難しくなるのです。

 

しかし一部の金融業者には、自己破産であってもお金貸してくれるところもあります。

 

自己破産でお金を貸すというと、闇金を連想する人もいるかもしれません。

 

闇金とは、ご存知の方も多いと思いますが、違法の金融業者のことです。

 

違法なので、法律で定められた金利に従わず、

 

法定の20パーセントを遥かに超える金利をつけてお金を貸します。

 

金利が高いため、なかなか返済ができないこともあるのですが、

 

その時は、やはり法律で禁じられている方法で取り立てを行います。

 

たとえば深夜や早朝に電話をかけ、恫喝するような口調で返済を迫りますし、

 

自宅や職場に取り立てに来て、返済するまで何時間も居座り、

 

挙句の果てはそこにあるものを壊したりもしますので、

 

この闇金だけは利用しないようにしましょう。

 

特にこの手の業者は、

 

ブラックがあっても多額の融資をしますという謳い文句でお客を勧誘します。

 

そういう看板を掲げる相手には近づかないようにしてください。

 

お金を貸す金融業者の名前で検索をかけてきちんと調べてからカードローン審査に申し込んでください。

 

おそらく、金融庁に登録されていない金融会社でしょう。

 

闇金である可能性が非常に高いです。

 

 

また、自己破産をした人にお金貸してくれるのは、何も闇金だけではありません。

 

もっと合法的できちんとした業者もあります。

 

 

いわゆる中小規模の消費者金融であれば、たとえブラックがあってもお金を貸してくれることがあります。

 

ただしこのような所で貸してくれるお金はかなり少額で、30万円程度のこともあります。

 

ですから、多少お金がほしいという場合には、中小の消費者金融で申し込むという方法もあります。

 

それから、一部の大手の消費者金融では、ブラックがあっても融資してくれることもあります。

 

もちろんこの場合も、最初は5万円程度の取り引きで、

 

取り引きを重ねるに従って枠を広げてくれるようになります。

 

もちろん5年が経過して、ブラックが消えてしまうと、

 

お金を借りたりクレジットカードを作ったりが可能になります。

 

ただしその場合も注意しておきたいことがあります。

 

まず自己破産の対象になった金融業者は、今後審査基準が厳しくなると考えておきましょう。

 

いわゆる社内ブラック、つまり信用情報のブラックが消えても、その会社の中でブラックリストに入っていることがあるからです。

 

ですから新規にお金を借りる、あるいはクレジットカードを作るような場合は、それまで利用したことのない会社に申し込むのがお勧めです。

 

自己破産でもお金を借りれる方法や可能性について

 

それから、ブラックが消えて新規に取り引きをする場合は、

 

過去何年かに取引履歴がないため、かえって金融機関の方が慎重になってしまい、

 

なかなか審査に通らないことがあります。これをホワイトと呼んでいます。

 

こういう時は、ます審査に通りやすい金融機関やカード会社を選ぶようにして、取り引き履歴、

 

いわゆるクレジットヒストリーを作るようにしましょう。

 

また、ホワイトのためになかなか審査に通らないけれど、

 

お金がいくらかほしい場合は、保証人をつけることによって、審査に通ることもあります。

 

個人の信用が今一つの時は、このような方法を採るのも一つの方法です。

 

それから質屋を利用するのもお勧めです。質屋であれば、個人の与信情報は関係ありませんので、

 

担保物件さえあれば、債務整理をしていてもお金貸してくれます。

 

またクレジットカードではなく、デビットカードを作るのもお勧めです。

 

デビットカードはあらかじめお金をチャージしておくスタイルのカードで、

 

残高分だけ利用することができます。

 

こちらも与信情報は不要ですので、ブラックがあっても作ることができます。

 

自己破産をするということは、借金から解放される代わりに、

 

その人の信用を一旦リセットすることでもありますので、

 

ブラックが消えた後にどのような方法でお金を借りたり、

 

カードを作ったりすればいいかを考えておくようにしましょう。

 

 

 

 

お金に困ってどうしてもキャッシングが必要 闇金には借りたくない

 

お金に困ると、何とかして借りられるところはないかと考えます。

 

キャッシングが必要になっても闇金には手を出したくないという人が多く、

 

実際に手を出してしまうと不法な範囲の利息が設定されていたり執拗な取り立てに悩まされることが増えます。

 

 

闇金から借りれば返済もままならなくなりますので、銀行系のキャッシングなどの安全な方法を探すべきです。

 

最近では一定額までなら審査がほとんど行われないケースもありますし、急いでいるならネット完結型が便利です。

 

個人情報の提示を含む全てのやり取りをネットを介して行うことができますので、早ければ30分程度で審査が終了します。

 

遅い時間に申し込んだのでなければその日のうちにお金を用意することも可能ですので、まずは審査を受けてみることが大切です。

 

 

審査を受ける際に大事になるのが他からの借入がないかという点です。

 

別の借入があると審査に通りにくくなりますし、銀行でなければ年収の3分の1までしか借りられませんので、

 

既に限度額まで借りていればそれ以上を借りることはできません。

 

銀行を利用する場合には年収の3分の1以上であっても借りられますので、詳しい内容を調べてみると良いかもしれません。

 

特に既に特定の銀行と取引している場合には、口座を持っていればスピーディーに借入が行えますので時間の短縮につながります。

 

口座があるということはその人物についての情報は既に銀行側に渡っていますので、あとはどれくらいの借入が可能なのかを判断するだけとなります。

 

また、過去に遅延が発生している場合も審査が厳しくなりますので注意が必要です。

 

貸す側も回収ができなくなるのを避けたいので、きちんと回収できるかどうかが重要な判断材料となります。

 

過去に一度でも遅延があると、それだけでマイナスのポイントになりますので、キャッシングをしたら計画的に返済しなければなりません。

 

キャッシングをする際に、審査の結果が自分で考えていたよりも多くの額を借りられそうなケースもありますが、

 

その場合でも必要最低限の額に留めておいた方が無難です。

 

借りてしまえば結局はその後に返済しなければなりませんので、額が大きくなれば返済も忙しくなって日々の生活が圧迫されます。

 

きちんと返済していける範囲での借入をすることで良い取引実績を作っていくことができますので、

 

そうなればその後に新たなキャッシングをしたくなった時でもスムーズに審査に通ることができます。

 

 

自己破産でもお金を借りれる方法や可能性について

 

自己破産でもお金を借りれる方法や可能性について

金融機関の審査ではお申込み者の信用力を重視しているので、

 

自己破産をされた方は審査に落とされてしまいます。

 

一度でも自己破産をされるとずっと審査に落とされるわけではないです。

 

自己破産をされると信用情報機関に登録されます。

 

金融機関の審査では加盟している信用情報機関にお申込み者の信用情報を照会しています。

 

 

信用情報機関は日本では3つあります。

 

 

株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シーアイシー(CIC)、全国銀行個人信用情報センターです。

 

JICCは消費者金融系、CICは信販・クレジット系、全国銀行個人信用情報センターは銀行系が主に加盟しています。

 

 

信用情報機関によって自己破産が登録されている期間が異なり、JICCでは5年を超えない期間、

 

CICでは契約期間中および取引終了後5年間、全国銀行個人信用情報センターでは10年を超えない期間となっています。

 

つまり5年間から最大でも10年間まで自己破産が登録されていることになります。

 

この期間が過ぎれば信用情報から自己破産が抹消されますので、自己破産でもお金を借りれるようになります。

 

自己破産でもお金を借りれるとは言え、自己破産をされた金融機関では抹消された以降でも審査に落とされてしまいます。

 

 

 

銀行系カードローンは保証会社が審査を行っており、

 

その保証会社は消費者金融系や信販系であることが多いのでお申込先には注意して下さい。

 

 

信用情報にのってから時間がたったら、借金がしやすくなる可能性がある。

 

自己破産でもお金を借りれる方法や可能性について

自己破産によって、信用情報に自己破産の情報が乗ると、

 

あたらに借金をすることができなくなってしまうのですが、

 

信用情報に乗っても期間が経過すれば再び消費者金融でお金が借りられるようになります。

 

 

その理由としては、信用情報に乗っていたとしても、かなりの時間が経過していれば、

 

資力の回復や生活態度の改善が見込めている可能性があったりすることが挙げられます。

 

借金を返済できないとなると通常はその人の返済能力を疑うのが常ですが、

 

一定期間以上何事もなく生活できていたとなれば、

 

返済能力が回復・改善しているのではと判断するからです。

 

また、一定期間経過すれば、信用情報から名前がなくなってしまうようなこともあります。

 

信用情報は自己破産の場合ですと7年から10年ほどとなっていますが、それ以降の期間が経過すると

 

信用情報から削除されますので、新たに借金をすることができるようになるのです。

 

ただし、過去に自己破産前に借金をしていた金融業者には、信用情報に名前が記載されなくなったといっても、

 

過去に借金をしていた顧客情報などのデータは残っている可能性がありますので、

 

過去にお金を借りていた業者に借りに行くのは避けたほうがいいといえます。

 

キャッシングによる多重債務とお金借りる詐欺について

 

自己破産でもお金を借りれる方法や可能性について

最近はキャッシングによる多重債務者をだます詐欺という事例も多くなっているようです。

 

多重債務者を対象とした詐欺とは、借りたお金を早く返済したい、

 

利息を安くしたいという気持ちを逆手にとって、お金を搾取するという悪質な手口です。

 

多重債務になってしまうと、何とかしてこの借金地獄から抜け出したい、返済を終わらせてしまいたいと考えることは、無理もないことです。

 

多重債務者の弱みにつけこんで、債務をまとめることにより早く返済が終了するので、新しくお金を借りませんかという誘い文句で勧誘してきます。

 

より低い金利でキャッシングを利用し、

 

借りたお金を返済にあてるという形で、返済総額も減らせるし、月々の負担も減ります等と言います。

 

騙す側の間には、多重債務になった人の名前と連絡先がまとめてある資料があり、

 

ピンポイントで多重債務者を狙って誘いをかけてくるのです。

 

大手の金融会社の名前で、ダイレクトメールやファックスなどを送りつけて騙すような場合もあります。

 

連絡先はある場合には、そこに電話をすると、大手の金融会社と提携しているようなことを説明して、安心させる手口です。

 

一旦融資をうけて、全額返済するという実績をつくることで、信用がアップするという言い方をしたりします。

 

新規のキャッシングをさせた上で、そのお金を郵送してほしいという言い方をしてきます。

 

実際にお金をその通りに郵送してまうと、その会社と連絡が取れなくなってしまいます。

 

結果として新たにキャッシングした借金だけが残るのです。

 

相手の口車に乗せられたために、ますます借金が増えて、返済が難しくなってしまうという結末になります。

 

多重債務になった人を狙う詐欺のやり口は、あきれるくらいたくさんあります。

 

耳ざわりのいい話ほど、用心に越したことはありません。

 

自己破産後にお金に困った場合にはどうすればいい?

 

自己破産でもお金を借りれる方法や可能性について

自己破産をしたとなると、新たにお金を借りることはまずできないと考えるのが

 

世間一般的な見解です。

 

ですが、自己破産をした後とはいえ、

 

どうしてもお金に余裕がなくて借金をしないといけないとなった時に

 

どうすればいいのかと悩むようなケースがあります。

 

もちろん我慢するなり、他でお金を得るために仕事をするというようなこともありますが、

 

それでは間に合わない場合にはお金を借りるにはどのような方法が考えられるのでしょうか。

 

お金を借りる手段としては、消費者金融などを利用せず、親などに借金をするというケースですが、

 

自己破産したとなるとなかなかお金を貸してくれるようなことはしてくれないでしょう。

 

また、ヤミ金融にお金借りるというケースもありますが、

 

金利が高くさらにはお金を借りて返せなくなれば自己破産をしたくてもできない状況です。

 

そんな状況ではやはりお金を借りられないのか? 絶対にお金を借りられないことはありません。

 

中小企業の消費者金融ですと、自己破産者でもお金を借りられるケースがありえます。

 

中小の消費者金融ですと、融資条件も甘く、

 

中には自己破産者でもお金を借りることができることをPRしている会社もありますので

 

そういったところでお金を借りるという手段も考えることができます。

 

ですので、自己破産をしたからといって必ずしもお金が借りられないわけではないのです。

 

【自己破産 情報コラム】

 

自己破産 いつから借りれる?

 

プロミス 自己破産 再契約できる?

 

自己破産後一年 キャッシング 安心

 

自己破産して五年すぎて勤務少ないがお金かりれる

 

自己破産しててパートしなくてもお金借りれますか

 

 

自己破産をするとお金を借りれなくなるって本当?

 

自己破産でもお金を借りれる方法や可能性について

自己破産をするとキャッシングやローンなどあらゆる融資を利用できなくなるとよく言われます。

 

これは半分正解ですが、半分は間違いです。正確には自己破産をすると「一定期間」お金を借りれなくなります。

 

この期間が過ぎれば自己破産でもお金を借りれるようになるのです。

 

自己破産をするとしばらくお金を借りれなくなる理由

 

キャッシングやローンを利用すると必ずその利用歴が信用情報機関というデータ会社、団体に登録されます。

 

自己破産をするとその記録も当然データとして残ります。このデータは加盟している銀行、

 

貸金業者はすべて見ることができるので、自己破産の記録がある利用者は審査に通ることができず、お金を借りれないのです。

 

ただ、この記録は一定期間後に必ず消去される決まりになっています。

 

記録が消えればデータを見ても過去に自己破産をしたかどうかはまったくわかりません。

 

よって、自己破産でもお金を借りれるようになるのです。

 

自己破産後にいつからお金を借りれるようになるか

 

再びお金を借りれるようになる期間の長さは5年もしくは10年となっています。

 

ほとんどの場合は5年で、銀行からお金を借りていて自己破産をしたときだけ10年になります。

 

銀行の借金を自己破産してしまうとペナルティが大きいので注意しましょう。

 

スポンサードリンク