自己破産中にお金借り入れできるか?

自己破産中にお金借り入れできるか?

自己破産中だけどお金を借り入れしたいと考えている人は意外と多くいます。

 

通常だと自己破産などの債務整理をしている方が消費者金融や銀行等に融資を求めて申し込みを行っても断られるのが普通となります。

 

消費者金融や銀行等では必ず審査を行い、審査の中には年収や年齢といったこと以外に信用情報機関に情報を問い合わせて、過去の情報や返済状況などを確認します。

 

この時に自己破産をしているといった情報を手に入れるためにほぼ借り入れを行うことができません。

 

一般的に債務整理の情報は7年から10年は消えないと言われており、この間は借金を含めたローンも利用することが難しいです。

 

この状態をブラックの状態と言いまして、例え借金を全て返済していてお金に余裕がある状態であったとしても

 

新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることが難しいのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

このような状態の最中に新しくお金借り入れができるかどうか気になると思います。

 

先ほど言ったように通常ではほぼ無理な状況と言えます。

 

ローンも組めない、クレジットカードも作れないといった状況になりますのでお金の支払いは基本的に現金払いとなり、不便と言えます。

 

個人の信用情報は全ての消費者金融や銀行等で共有していますので調べられればすぐに分かってしまいます。

 

信用情報機関は過去のデータを詳しく記録しており、この情報が消えない限りは正規のルートでは難しいと言えるでしょう。

 

一般的にはブラックリストと呼ばれることが多く、制限が解除される、情報が消えることを待つ必要があります。

 

最低7年から10年という月日を待つのですが、事故の内容によっては早くなる可能性もありますし、遅くなる可能性もあります。

 

自己破産といった事故の場合は特別に悪い印象をもたれている可能性が高いと言えます。

 

 

 

ブラックであったとしても完済している人であれば早くなる可能性が高く、事故情報が消えればまた消費者金融や銀行等を利用することができます。

 

一方の自己破産した人や自己破産中の方は10年以上の月日が経過したとしても大手の銀行や消費者金融等を利用するのが難しい場合があるのです。

 

自己破産中にお金借り入れできるか?

10年経って個人情報機関のデータが消えたのではないの?といった疑問があると思いますが、全てのデータが消える訳ではないのです。

 

重大な事故情報はそのまま残り続けることが多く、自己破産のような形でブラックになってしまうと10年経過しても新たに借金をしたり、大きなローンを組んだりすることが不可能になることがありえるのです。

 

時間さえ経過すれば大丈夫、また借りられるという声をよく聞くと思いますが、それは一部の例外であったり、そこまで重たくない事故情報だったケースが多いのです。

 

自己破産しているということは社会的な信用を失ったという意味になりますので、もう一度大きなお金を借りようというのは社会的に難しい話と言えるでしょう。

 

それでも借り入れがしたいと考える人は多くいまして、そんな中でも可能な場合はあります。

 

自己破産中でも免責が認められれば可能となっています。

 

でも信用情報機関に記録が残っていて無理だと思われるかもしれませんが、これを基に審査を通すか通さないかはそれぞれの消費者金融や銀行等の判断に委ねられます。

 

あくまでもそれぞれの業者の判断や基準に沿って、審査を通すかどうかとなりますので法律の方で借り入れをしてもいいという判断や免責が認められているのであれば、あとはそれぞれの判断なのです。

 

ここで問題になっているのが先ほどの社会的な信用の問題であり、ここが信用できないからこそほぼ審査を通ることができないのです。

 

しかし、審査が緩い業者であったり、事故情報は残っているけど貸して返ってくる見込みがあると判断したり、

 

審査が通りやすいキャンペーンを行っていたりと、その時の状況や業者によっては自己破産中であっても利用かることができる場合もあります。

 

新しい消費者金融やノルマ達成をするために宣伝をしていたり、

 

顧客を増やさないといけない時期であったりする時は審査が緩くなる傾向にありますので、この時に申し込むと良いでしょう。

 

また申し込む時も高額ではなく低額の方が担当者レベルの判断で融資がしやすいと言われていますから、低額からの利用の方が良いと言えます。

 

ですが、簡単に借りられるとは思わずに、あくまでもそれぞれの業者の担当者が返済の見込みがあると判断しての行動になりますので、絶対にお金を借りられる訳ではありません。

 

基本的に自己破産しているような重大な事故情報が残っていると大手の銀行や消費者金融等は利用できないと考えていた方が良いでしょう。

 

このように自己破産中では借り入れがほぼ不可能に近いですが、免責を認められている状態では可能な場合があるのです、

 

信用情報を見て業者が判断しているだけなので、

 

ブラックでも安定的な収入があり融資をしても返済できると判断されれば自己破産をしていても利用できるでしょう。