自己破産して10年過ぎたけど消費者金融などからお金借りれるのでしょうか?

キャッシング、各種ローン、クレジットカードなどの申込・利用者の情報は全て個人信用情報機関という場所で管理されています。

 

個人信用情報機関にはシーアイシー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3機関が存在し、金融機関や金融会社と情報を共有しあっています。CICが管理するのはクレジットカード系と信販系、JICCが管理するのは消費者金融系、KSCが管理するのは銀行系の情報です。

 

例えば、クレジット会社でクレジットカードを利用した場合に申込内容や利用履歴などが記録されていくのは

 

CIC、消費者金融でキャッシングを利用した場合に申込内容や利用履歴などが記録されていくのはJICC、

 

銀行でローンを利用した場合に申込内容や利用履歴などが記録されていくのはKSCになります。

 

ローンやクレジット審査の際に個人信用情報機関の登録内容が加味されるのですが、ここに問題がある人は信用がないとして審査に通過することはできません。

 

スポンサードリンク

 

ここでの信用とは、返済能力のことです。

 

返済ありきでお金を貸す以上は、返済できる能力があるかの確認が必要です。そのため、返済能力がない人には初めから融資はしません。

 

しかし、審査の基準は各社によるので、一概にすべてのローンやクレジット審査に落ちてしまうというわけでもないのが難しいところです。金融機関や金融会社には審査の基準を公開する義務はないため、何を満たしていれば審査に通過できるのか、審査に落ちてしまった理由はなにか訪ねても回答はもらえないでしょう。

 

自己破産をした場合にも、その記録が個人信用情報の事故情報として残ります。事故情報とはいわゆる債務者の過失です。自己破産を含む債務整理をした場合、返済の延滞や滞納をした場合、多重申込みをした場合などに記録されます。

 

世間ではいわゆるブラックリストと呼ばれているものですが、上記で述べたようにブラックな人は信用が得られないので融資が厳しくなります。

 

ただし、事故情報は永遠に残るものではなく、一定期間を過ぎると抹消されます。

 

自己破産の事故情報登録期間はCICとJICCが5年、KSCが10年です。事故情報が残っている間は審査に影響しますが、自己破産してから5年〜10年が経過するとお金借りれるようになるでしょう。

 

ただ、信用情報機関によって記録期間が異なる点には注意しなくてはいけません。

 

5年が経過すればクレジット会のクレジットカードや消費者金融や信販会社のキャッシングは審査に通過できる可能性があるので、ならば銀行の住宅ローンやカーローンも融資を受けられるんじゃないかと申込む人がいます。しかし銀行では10年が経過するまで事故情報は残りつづけます。

 

さて、10年が経過すれば問題なくクレジット会社、消費者金融、銀行からの融資が受けられると思ってしまうのですが、実は登録が抹消されているはずなのにローンやクレジットの審査に通過できないというケースも少なくはありません。

 

もちろん、その時の職業、年収、勤続年数、居住形態などの個人情報も審査に影響するため、そちらに問題がある可能性も否定はできないのですが、もし10年経過しても審査に通過できない場合は成約残しを疑いましょう。

 

そもそも自己破産は、裁判所にて免責許可を受けることで借金が免除できるシステムです。

 

免責決定後は債権者が債務者との取り引きを契約を終了させて、個人信用情報機関に完了と登録する必要があるのですが、何かしらの手違いで契約を終了させていない場合は免責されたはずの残高が残ったままになっていることがあります。これを成約残しといいます。

 

成約残しがある場合は契約が終了していない、つまりネガティブな情報がいつまでも個人信用情報機関に載りつづけているため、当然、審査の際にこのネガティブな情報が加味されて審査に通過することができません。

 

成約残しは個人信用情報機関に情報開示を求めることで確認できます。契約が終了していないなら債権者に連絡を取って、成約残しを取り消してもらいましょう。

 

その他の対策としては、審査の甘い金融機関や金融会社を狙って申し込んでみるしかないでしょう。一般的には金利が低いほど審査がきびしく、金利が高いほど審査が甘いとされています。

 

また、この時に1か月のうちに3社以上への申込みは、申込みブラックになるので禁止されています。まとめて申込みをするなら最高でも2社まで、もしも審査に落ちてしまったら申込みブラックの記録期間である3か月をあけて他社に再度申込みをしてください。

 

ちなみに、以前自己破産をした債権者では10年が経過していようが審査には通過できません。

 

個人信用情報機関の記録は消えているものの、債権者には破産者の記録は残り続けることになるので、同じ債務者に融資をすることは基本的にあり得ないとされています。

 

以上に注意して申込みをするようにしましょう。