自己破産の経験のある私でもプロミスでお金を借りれた

 

自己破産の経験のある私でもプロミスでお金を借りれた自己破産した人の悩みといえば、便利な消費者金融のキャッシングが使えない、ということです。

 

消費者金融のキャッシングにお世話になっていた人は、

 

便利なキャッシングサービスが使えなくなってしまえば、ほしいものや好きなものも購入できません。

 

でも諦めることはやめましょう。自己破産をしたとしてもそれは過去の話です

 

。私は思い切って、消費者金融のプロミスに申し込みをしましたが、無事にお金を借りることができました。

 

私は30歳の男性です。25歳の時に自己破産をしてしまいました。

 

先日、急にお金が30万円必要になって、

 

キャッシングを利用しようと思いましたが、自己破産の経験がネックになっていました。

 

思い切ってプロミスのATMで申し込みをしてみると、無事に審査に通ることができました。

 

不思議に思っていましたが、私の想像するところによると、

 

約5年の期間が経過しているので、自己破産をしたとしても、甘く見てもらえた、ということでしょう。

 

自己破産しても一緒お金が借りられないということにはなりません。

 

自信を持って、自己破産でもお金を借りれるプロミスに申し込みをしてみましょう。

 

もちろん私に、ろくな信用がないということは周知の事実ですから、

 

借りたお金はすぐに返済するということは心がけています。

 

自己破産でもお金を借りれるプロミスなら、お金を借りることができます。

 

自己破産から5年くらい経過している人なら、思い切って申し込みをしてみましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

お金の使いかたは経験が全て

 

自己破産の経験のある私でもプロミスでお金を借りれた

社会人になり毎月の家賃や、光熱費など支払いが確実にあるわけだが、

 

たいした学歴も無い私の給料では、毎日節約をしながらの生活が重要だった。

 

社会人になったばかりの私では自分名義でのローンがまだ出来ず、

 

親に現金を借りて、まず一回全てを支払い毎月親に返済するといった具合で車を購入した。

 

節約ばかりしていたが苦ではなかった。そんなある日、職場の同僚に誘われパチンコ屋に行った。

 

学生の頃少しやったことがあったが、それほど夢中にはなっていなかったのだが

 

その友人は、根っからのギャンブル好きでパチンコ、競輪、競馬といった具合でかなりのベテランではあった。

 

その日は簡単に2人とも大当たりし帰りに友人が焼肉を奢ってくれた。

 

手元のお金が増えて焼肉食って、酒を飲んで。何かずれてしまったのだろう、

 

その日以降すっかり自分もギャンブルにはまってしまい気づけば消費者金融数社からの借り入れがあった。

 

多重債務でもお金は貸してくれる。でかい勝ちがあったときに返す、それでいい。

 

友人はいつも、そう言っていた。今考えれば馬鹿げた話だが当時は審査もあまく、

 

多重債務でもお金を貸してくれる消費者金融は沢山あった。

 

 

自分の給料でまず各社に毎月の返済額を入れ、残りで生活する。

 

給料日が近づいたらギャンブルに余りを突っ込む。増えればさらに、少し返済しはでに遊ぶ。

 

毎月の返済をきちんとしていれば限度額が増え、遊ぶ金が増えた。

 

過去の話だが、スリルもありピンチになる時もあったが金を派手に使える時はやっぱり楽しいものである。

 

プロミスレディースキャッシングの魅力

 

プロミスレディースキャッシングは女性専用のカードローンです。

 

プロミスレディースキャッシングの申し込みは、インターネットもしくは、電話で申し込むことが出来ます。

 

普通のカードローンと比べて違うのが、電話で申し込む場合オペレーターがすべて女性という点です。

 

やはり、キャッシングの申し込みをするだけでも、緊張すると思います。しかも、相手が男性だと緊張してしまってうまく話せないという女性も多いと思います。

 

ですから、オペレーターが同じ女性であれば話しやすいという利点があります。

 

プロミスレディースキャッシングは保証人担保が不要です。

 

また、金利についても4.5%~17.8%となっていますので、他の消費者金融大手よりも少しだけ安いのでお得ですよ。

 

また、プロミスレディースキャッシングをはじめて利用する人には、30日間無利息サービスを実施していますのではじめて利用する方におすすめです。

 

お金のかかる節目色々ありますよね?

 

どうしてもお金が必要になってしまった時、

 

他に頼る人がいなくて困っている人は是非プロミスに相談してみてはいかがでしょうか?

 

しっかりと安定した収入があればあなたにとって強い味方になってあなたを助けてくれるかもしれませんよ。

 

プロミスカードローンは大手消費者金融業者のサービスの一つ

 

プロミスがやっているサービスの一つにプロミスレディースというのがあります。これは女性専用ローンです。

 

カードローンであり、20歳以上69歳以下であり、安定している収入が必要になります。但し、雇用形態が限定されているわけではないです。

 

もちろん、正規雇用であればそれにこしたことはないですがバイトでもパートでも可、としています。

 

これは実に有難いことであるといえるでしょうから、それだけでも使う価値があります。

 

プロミスレディース審査ですがまずは年齢からであり、そして、他社からの借り入れなども把握されます。

 

そして、本当にその職場で働いているのか、ということを把握するためにプロミスレディース在籍確認もされることになります。

 

これは電話でされるのが基本なのですが書類の提出でも可になりますから、もし電話されるのが嫌な場合はとりあえず相談しましょう。

 

専用ダイヤルのオペレーターは全員女性です。こうした点においてもキチンと女性に配慮している、というわけです。

 

金利ですが4.5%から18.0%になります。これはどうなのか、といいますとそんなによくはないです。しかし、無利息期間が30日間もらうことができます。

 

はじめの方はそうなのです。

 

 

プロミスは自己破産後でもお金借りれる?新規申し込みだけど誰にもばれずに借りたい

 

プロミスは消費者金融の中でも大手に数えられる会社で、三井住友銀行系列となっています。

 

基本的に大手消費者金融は自己破産など債務整理をしたあとに契約することは難しいといわれています。

 

それは金融事故を起こすと信用情報に記録され、7年間程度その情報を参照することができます。

 

プロミスの仮審査ではスコアリングが行われますが、事故情報が確認されると自動的に契約不可となってしまいます。

 

こうした現象は他の大手の消費者金融でも同様で、システムによる自動審査を行っている会社では、自己破産後に新規契約をすることは難しいでしょう。

 

 

ただし、破産したという情報が信用情報から削除されたあとであれば、契約することは可能になります。手続きから7年以上経過していればプロミスから借りることもできるでしょう。

 

ただし自己破産したときに契約していた会社にプロミスを含め、

 

三井住友銀行系のカードローンやクレジットカード、プロミスが保証会社になっているような金融商品があった場合は、契約ができない場合もあります。

 

信用情報には記録が保存されている期限が設定されていますが、社内のデータに抹消期限はないためです。そのため信用情報にデータが残っていなくても、社内のデータとして破産データがあれば契約ができないこともあるのです。

 

 

カードローンの契約は基本的には誰にもばれずに借りることができますので、誰かに知られてしまうことを心配している場合は問題ありません。

 

 

破産後であっても、通常の契約時と同じように、仮審査のあとに本審査が行われ、カードの発行が行われます。在籍確認は個人名でかけてきてくれますので、会社で電話を受け取った人も、それがお金を借りるための審査であるとはわからないでしょう。

 

破産直後でも契約ができる可能性があるのが、中小の消費者金融です。

 

中小の消費者金融では対面審査を行っているところもあり、人柄を判断してくれるところがあります。そうした会社ではスコアリングで良い成績が残せないような人にも貸し出し実績があり、「ブラックでもOK」と言われている会社もあります。

 

最近ではそうした会社に申し込む人も増えているため、審査も厳しくなってきているといわれています。自己破産後に契約ができる場合は、安定した収入があって負債がないことが条件となります。

 

信用もかなり低いところからスタートしますので、最初に借りることができる金額も少額となる場合が多くなりますが、長い間利用して信用を築けば、まとまった借り入れができるようになるでしょう。

 

 

プロミスの在籍確認情報 勤務先連絡ある?

 

プロミスからお金借りる場合には、金額にもよりますが収入を証明する書類のほか、電話による在籍確認が必須となります。

 

これは、本人情報として登録した会社に、本当に本人が在籍しているかを確認し、与信のための信頼度を高めるためには避けがたい調査行為となります。お金借りるためには、申し込んだ人の情報が本当であり、また確実に収入があるということを下調べしておくことは、やはり貸金業者としてはリスクを少なくする上での必要事項となるのです。

 

ただし、プロミスからかかってくる電話は、基本的には個人名でかかってきますため、電話の内容だけではお金を借りるための審査を受けていることが第三者にバレる可能性は低いと考えて良いでしょう。

 

むしろ、個人名で電話がかかってきた時に、社内でどのような対応になるのかをあらかじめ調べておき、それに対しする対応策を考えておくことの方が重要です。むしろ、個人名で会社に電話がかかってくることの方が珍しい場合もあるでしょうから、そちらの対策の方が大切である、ということです。したがって、申し込みの時に記入する電話番号も、担当直通か、それとも代表を書いておくかはよく考えておくべき内容です。

 

会社によっては、営業時間内に個人名による連絡の受け取りを拒否する企業もあるでしょうし、営業マンの場合は常に固定電話に出られるわけではありません。このような場合に、プロミスとしてどのように対応していただけるかを聞いておき、確実に在籍確認を取れる方法を考え、審査の際に提案するのも一つのてです。

 

 

例えば、「プロミスです」と電話がかかってきた場合には、電話を受け取った多くの人が消費者金融という負のイメージを抱いてしまうことでしょう。しかし、プロミスも今は三井住友銀行グループですから、銀行名を使って確認できないか交渉する余地はあると思います。

 

銀行であれば、教育ローン、住宅ローン、オートローンなど、一般的な事情でお金を借りたり、あるいは預貯金などのトラブルで至急連絡を取りたいということもあるでしょうから、銀行名で電話がかかってくることに疑問を持つ人は少ないと言えるでしょう。

 

銀行も守秘義務がありますから、「どのようなご用件で」と聞かれた場合に、「お客様の口座情報について至急確認させていただきたいことがございます」など、遠回しに用件を伝えるなどの方法をとるものと思われます。

 

また、電話を受ける時間もある程度柔軟に設定できますので、何曜日の何時頃、という感じで約束を取り付けるのも一つの方法です。

 

また、消費者金融によっては、本人と直接電話連絡が取られなくても、申込者の在籍が確認できればそれで構わない、という会社も多数あります。したがって、電話がかかってきた時に不在でも、「あいにく△△は席を外しています」という回答が得られれば、それで構わないという会社もあります。もし、電話を受け取った方が電話番号を控えていたら、早めに掛け直ししておくのも良いかもしれません。

 

プロミスとしては、電話連絡による在籍確認は社内の規定で必要事項となっていますが、どのような方法で確認するのかについては交渉の余地が残されていますので、まずはネットなどで予備審査にかける前に、コールセンターに相談してみて、勤務先への電話連絡方法、不在時の対応、派遣社員の場合の対応など、疑問に思ったことを相談すると良いでしょう。

 

電話連絡を取りにくいという顧客は相当数いると思われますので、それなりの対応策が必ずあるはずです。したがって、在籍確認について不安があれば、早めに相談し、事前に良い解決策を見つけておくことが、すべてをスムーズに進めるための秘策となります。