自己破産2回も経験し専業主婦で借り入れ可能な金融

自己破産は、財産を換金して債権者に分配することで抱えているすべての債務を免除する債務整理です。

 

裁判所にて借金を免除する権利を受けることで成立する手続きで、

 

免責許可を受けてから7年以内は再度自己破産することはできないとされていますが、

 

回数自体に制限はありません。

 

そのため2回、3回と破産している人もいます。

 

自己破産後の借り入れに関しては、5年〜10年が経過すれば可能となっています。

 

破産の情報が記録される個人信用情報機関はCIC、JICC、KSCの3機関が存在します。

 

CICが管理するのはクレジット会社や信販会社の情報、

 

JICCが管理するのは消費者金融の情報、

 

KSCが管理するのは銀行の情報で、

 

自己破産の情報に関してはCICとJICCが5年間、KSCが10年間載りつづけます。

 

この記録が残っている間は借入れ審査に通過することはできないので、

 

借入れを希望するのなら記録が抹消されたのちに申し込みましょう。

 

2回自己破産をしている場合でも、記録期間を過ぎればクリーンな状態となるので審査に影響することはありません。

 

ただ、専業主婦の場合は個人信用情報機関の記録情報とは別の問題で審査がきびしくなる可能性があります。それが総量規制です。

 

2010年に多重債務者を減らす目的で総量規制が施行されました。

 

スポンサードリンク

 

総量規制とは、貸金業者に対して債務者の年収3分の1を超える融資をしてはいけないとした制度です。

 

1社に対する規制ではなく、債務者が契約する貸金業者全てを合わせた時の制限なので、

 

例えば年収が600万円の方なら全社合わせて100万円までの融資しか受けられません。

 

貸金業者A社で30万円、貸金業者B社で50万円の融資を受けている場合、

 

貸金業者C社でお金を借りようとしても利用限度額は20万円までになります。

 

また、利用限度額を増額したい場合も同様です。A社で20万円の増額を希望した場合には制限の100万円に到達してしまうのでC社は利用できません。

 

さて、これが専業主婦になると個人的な収入は0円なので、総量規制に従うと借入れ自体できないことになってしまいます。

 

そうなると、どうしてもお金を必要とする人の中には闇金を利用する可能性もあり、これはまた大きな問題になりかねません。

 

そこで2つの対策が用意されました。

 

その対策とは、銀行の融資を利用する、もしくは配偶者貸付を利用するというものです。

 

総量規制は上記での述べたように貸金業者に対する規制なので、銀行などの金融機関の融資には影響しません。

 

よって、銀行なら申込者の年収により融資額の制限をうけることもないでしょう。

 

とはいえ、銀行の審査は貸金業者よりも厳しくなっています。また、目安として年収200万円〜300万円が求められるとされているので、

 

収入がないというのは融資を受ける上での致命傷となり、実際のところは専業主婦が銀行の審査に通過するのは難しいのが現状です。

 

では、もう一つの対策である配偶者貸付を確認してみます。

 

配偶者貸付は、配偶者と自分の収入を合算した時の年収の3分の1まで借入れすることができる制度です。

 

もちろん専業主婦(主夫)でも利用ができ、この場合は実質的に配偶者の年収のみで審査を受けることになるでしょう。

 

配偶者貸付を受けるには、配偶者の同意書、婚姻関係を示す書類、配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。

 

これらは配偶者の年収を参考に審査をするために必要な書類であり、連帯保証人になるものではありません。

 

婚姻関係を示す書類に関しては住民票や戸籍抄本になりますが、事実上の婚姻関係でも利用可能です。

 

その場合は住民票の続柄に未届の配偶者であることが記載されているものが必要です。

 

また、年収証明書は融資額が一定金額以上の場合に求められるので一様ではありません。

 

配偶者貸付は主婦のための制度ですが、夫に内緒で借入れできなくなるのが一つのネックがもしれません。

 

しかし、お財布を別にしている夫婦はともかく、同じ家計の中でやりくりしているならお金のことは相談し合った方がいいでしょう。

 

また、配偶者と年収を合算できるとはいえ、配偶者に借り入れがある場合はそれが審査に影響してくるのも考慮しておかなくてはいけません。

 

配偶者の借り入れ状況が悪い場合は配偶者貸付でも審査に通過することは難しいでしょう。

 

その時の一つの案として、配偶者の契約しているクレジットカードの家族カードを発行してもらう手もあります。

 

家族カードにキャッシング枠がつけられるかは各社によるので事前に確認しておく必要がありますが、新規で申し込むよりもハードルが低いようです。

 

いずれにしても、お金に関することは内緒で進めるものではありません。

 

これを機に内緒ごとを作らないというきっかけにする夫婦もいるようですので、夫婦でよく話し合って決めましょう。

 

配偶者の監視があれば自己破産を招くほどの無茶な使い方もしなくなるのではないでしょうか。

 

 

 

 

自己破産2回したけどキャッシング審査通る?どうしてもお金が必要

 

自己破産2回でキャッシングの審査ははっきり言って難しいです。

 

特に大手消費者金融や銀行系のカードローンはほぼ不可能と思った方が良いです。

 

金融機関は全般的に個人情報信用機関で個人情報の管理を行っていますが、それによって、どこの金融機関でどういった取引をしたのかというのを知ることができます。

 

なので、債務整理の状況もわかりますし、自己破産というのはなかでも最重要項目になるので、当然情報は一早く入手可能になります。

 

そして自己破産はブラックリストに載るもっとも大きい方法なので、確実にブラックリストに載っています。

 

そして、自己破産1回でも再び借入ができたという時点でなかなかです。

 

どうしてもという場合には、中小の消費者金融を利用することになるでしょう。

 

いわゆる闇金のようなものは避けるべきなのですが、とりあえず中小の消費者金融はかしてくれる場合もあります。

 

これは自己破産2回ということ以外の条件がどうなっているのかが関係します。

 

自己破産した際には理由の書類などを作成しているはずですが、そういったものも審査の基準にはなります。

 

なので基本的にはダメなのですが、理由によってはなんとかなるということです。

 

中小の消費者金融が貸してくれる可能性がある理由というのは、大手消費者金融との差別化です。

 

大手消費者金融は優良な消費者を選択しますが、中小の消費者金融は基本的に大手消費者金融の審査に落ちた人をターゲットにしています。

 

金利に関しては、当然規模の経済が働く分大手消費者金融の方が低く設定してあります。

 

なので、審査に通る人の場合は大手消費者金融でキャッシングした方が良いです。

 

しかし、審査に通らない人の場合は中小の消費者金融の審査を受けるしかないでしょう。

 

そして、自己破産2回ということになれば、大手は無理なので中小の消費者金融という選択肢になります。

 

なのですが、中小の消費者金融はそもそもそういった消費者が審査を受けることを想定しているので、通す場合があるのです。

 

逆になんでもかんでも融資を断っていると、だれも借りなくなります。

 

大手消費者金融の審査に通るのであれば、そっちの方が良いので、わざわざ中小の消費者金融の審査は受けません。

 

大手消費者金融の審査を落ちたという時点で何かしらの問題があるので、中小の消費者金融の審査を受ける人の多くは問題を抱えていると言えます。

 

そうでない場合はむしろもったないので大手を受けた方が良いです。