パ−トで自己破産3年前にしてお金借りれる?

パ−トで自己破産3年前にしてお金借りれる?

自己破産をすると原則として5〜7年間はお金を借りられなくなるので、

 

自己破産から3年間でローンに申し込みをしても借りられる可能性は相当に低いでしょう。

 

これは職業や雇用形態とは関係なく、パートの方も原則として借りることはできません。

 

債務整理全般に言えることですが、借金を法的に整理すると原則として5年以上はお金を借りられなくなります。

 

これはペナルティとも呼べるものですが、

 

借りることができないことで必然的に現金生活をするしかなく、健全な家計のために重宝することでもあります。

 

スポンサードリンク

 

まれに債務整理をしてもお金借りれると宣伝する金融機関もありますが、

 

怪しい業者である可能性が高いので企業概要はよく確認してから借りるべきか判断しましょう。

 

ほとんどの業者は自己破産から5〜7年間は融資してくれませんが、

 

これは個人信用情報機関に債務整理をしたデータが残ってしまうからです。

 

それゆえに嘘をついても確実にバレるので、

 

過去に債務整理や遅延をしたことがないと言って新しい業者から借りようとしても無理です。

 

それでは確実に5〜7年間は借りられないかというと、

 

100%そうとも言い切れないのが現状であり、稀に借りることができたという方もいます。

 

 

5年以上は無理だと聞いていたけど、4年目で融資を受けられたという方もいるので100%不可というわけではありませんが、

 

実際に借りられる確率は低いので申し込むのは控えたほうがいいかもしれません。

 

審査を受けると審査情報も個人信用情報機関に残ってしまい、

 

短期間のうちに立て続けに審査を受けると申し込みブラックリストに載るので注意しましょう。

 

ブラックリストという名称のリストが存在するわけではありませんが、

 

事故情報として一定期間は情報が保存され、それをブラックリストと呼んでいるのです。

 

パ−トで自己破産3年前にしてお金借りれる?

パートで自己破産をして3年経過した方は、借金の支払い義務はなくなっていますし、

 

30万円〜50万円程度の弁護士費用も完済しているはずです。

 

報酬は分割に応じてくれる事務所が多く、

 

費用が30万円ならばひと月に1万円の支払いでも3年ですべて終わるはずです。

 

借金生活から解放されているので、現金の範囲内で生活すればよい話ですが、

 

一時的にキャッシングなどの小口ローンを利用したくなる方はいるでしょう。

 

住宅ローン、自動車ローンなどを組もうと考える方はほとんどいませんが、

 

キャッシングやカードローン、フリーローンなどの多目的ローンの便利さを知っている方は、

 

1万円だけ借りたいなどと思ってしまうことはあるでしょう。

 

ただし、パートや会社員、公務員などに限らずに5〜7年間経過するまでは原則として審査には通過できません。

 

むやみに審査を受けると申し込みブラックになりますので、

 

事前に債務整理をして3年しか経過していないけど

 

お金借りれるか聞いてみるとよいでしょう。

 

 

そこで不可だと言われたら諦めるのが無難ですが、

 

もし別の業者に挑戦してみたいなら、同じように事前確認しておく必要があります。

 

 

通過しない審査だとわかっているなら、最初から避けたほうがいいからです。

 

一部の街金は融資してくれる可能性もあると言われていますが、

 

詳細に関してはWEBサイトでは触れていませんので、電話確認をして確かめる必要があるでしょう。

 

融資してくれる金額は10万円以内になると考えたほうがよく、もし借入できても以前のような高額融資を受けることは難しいです。

 

貸金業者の本音としては返済能力のある方、
安全に融資できる方などに貸出したいと考えており、リスクのある方は避けたいのが本音なのです。

 

過去に債務整理をした方は、再び返済不能になったら債務整理をする可能性があると考える業者もあり、

 

債務整理をする前と比べて借りにくいのは確かです。

 

どうしても数万円だけ借りたいという状況ならば、親や兄弟に頼み込んでみるのもいいでしょう。

 

友達や知人から借りる方法はトラブルに発展する可能性があり、

 

特に親しい間柄ほど今後の付き合いに影響してきますので、借りるならば親や兄弟が好ましいです。

 

自己破産をしているのに一方的に融資しますと過度のアピールをしてくる業者に関しては無視したほうがいいでしょう。

 

悪徳業者は官報から情報収集をすることが多く、

 

ここから個人情報を収集してダイレクトメールや電話でお金借りれると宣伝するわけです。

 

まったく取引した経験もなく、名前も聞いたことのない業者があるときいきなりローンを勧めてきたら怪しいと考えるべきでしょう。

 

お金を借りるときは原則として申込者が金融機関にアクセスをして借りるのが基本であり、

 

業者から連絡してくることはほとんどありません。

 

債務整理中に都合よく業者が連絡して、審査をせずにすぐ融資できますなどと言ってきたら疑うべきでしょう。

 

こうした業者はCMに登場することはなく、WEBサイトなども持っていません。

 

所在地、固定電話の番号、実質年率などの記載もない業者から借りるのは絶対にいけません。