自己破産して5年だったけどお金貸してくれる所ありますか?

自己破産して5年だったけどお金貸してくれる所ありますか?

過去に自己破産や返済の遅延などを起こし、

 

信用情報に傷をつけてしまった方が

 

新たに消費者金融からお金を借りることができることは、非常に難しいことです。

 

金融会社もお金を返すことが難しい

 

あるいは返すことが困難になってしまった経験がある方には、

 

できればお金は貸したくないものです。

 

ですが、たとえ多額の借金により経済的に破たんしてしまい、

 

自分の資産では完全に弁済することができず、

 

自己破産をしてしまった方であっても、

 

通常であれば5年〜10年ほどたてば再びお金を借りたり、

 

カードの発行を受けることができるようになります。

 

一度はブラック債務者になった方であっても、一定の期間が過ぎれば「時効」が成立し、

 

再び消費者金融などを利用することができるのです。

 

もちろん、時効が成立するまでの期間中は、他社からお金を借りたり、

 

借りても毎月きちんと返済をし、滞納しないことが条件として挙げられますが、

 

一度信用情報が傷ついてしまったならば、

 

一生その信用を回復することは不可能になる、というわけではないのです。

 

自己破産後、時効が成立するまでしっかりと経済的に自立し、

 

もうお金借してくれる会社を頼ることがなければそれが最善のルートであると言えます。

 

 

ですが、一度消費者金融などからお金を借りてしまうと、それが癖になってしまったり、

 

返済計画通りにことが進まない方も少なくありません。

 

5年も10年も待っていられない、今すぐにお金が欲しい、という状況にある方も多いのです。

 

しかし、前述の通り大手の消費者金融や銀行では、

 

ブラック債務者にお金を貸してくれるケースはほとんどありません。

 

では、ブラック債務者であってもどうしてもお金を借りたい、という方は、どうしたら良いのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

 

実は、大手の消費者金融ではない、TVCMなどもほとんど放送しないような中小の消費者金融であれば、

 

お金を貸してくれる可能性が高いのです。

 

実際に、破産者であったもクレジットカードを持っていたり、

 

お金を借りることができる方は少なくありません。

 

そのような方が借りることができるキャッシングローンなどは、大手消費者金融とは全く違う、

 

独自の審査基準を持っている会社がほとんどです。

 

そのため、他社で融資を断られた方であっても、

 

その会社の審査基準内であれば融資を受けることが可能になるのです。

 

自己破産して5年だったけどお金貸してくれる所ありますか?

自己破産をした方であっても借りることができる、

 

ということは、非常に審査が甘いのです。

 

たとえ収入が少なくとも、働いていて、申込み後に本人確認の電話に出ることができれば即日融資を行ってくれる会社も多く存在します。

 

審査が甘いと言っても、誰もが借りることができる、というわけではありませんし、

 

その会社によって審査基準は異なります。

 

ですが、大手消費者金融であればまず借りることができない、

 

あるいはすでに数社から断られている方であっても、

 

審査に通ることができる可能性は十分にありますので、まずは問い合わせをしてみることをお勧めします。

 

勿論、無事に免責期間を過ぎた方であれば、

 

何の問題もなく、以前とほぼ同じく消費者金融などのカードローンを利用することが可能になります。

 

もし免責期間を過ぎているのかが気がかりなのであれば、

 

自分の信用情報を調べてみることも可能です。

 

個人の信用情報は、

 

国の指定する信用情報機関に入っており、

 

貸金業者はこの信用情報機関の情報を記載・参照することを義務付けられています、

 

信用情報機関は3つありますが、どの機関にも共通されているのは、

 

「自己破産の情報の保有期間が最長で5年である」

 

という事です。

 

自己破産を含む時効や、債務整理をした場合には、

 

この期間の情報が消えるまでは、一般的な消費者金融や銀行では、

 

借入が厳しいと判断される場合がほとんどです。

 

ブラック債務者の情報は、5年で指定信用情報機関に保持されますが、

 

それ以降はこの契約の状況は全くなくなります。

 

免責期間まで近い、でも実際に信用情報に記録が残っているのだろうか、

 

と不安になってしまう方もいらっしゃるかと思いますが、

 

不安な方は一旦自身の信用情報を確認してみることをお勧めします。

 

3つの信用機関全ての情報を開示してくれるサービスもありますので、

 

自力で調べるのが面倒、という方はこちらの利用を検討することも良いでしょう。

 

免責期間が経過してから再び消費者金融を利用する場合には、

 

まず、最初に返済する意思をきちんと持っているかどうか、が非常に重要になります。

 

当たり前の事ですが、再びブラック債務者に戻ってしまうことがないよう、くれぐれも注意が必要です。

 

返済する意思があるのならば、前向きに借入できる可能性が高い業者を選ぶことが重要です。

 

大手消費者金融の中には、現在の状態よりも、今後の返済をきちんとすることができるかどうか、

 

という部分を重視する会社もありますので、

 

そういった金融業者であれば、少額の融資であれば対応してくれる可能性は非常に高まります。

 

特に、その消費者金融を初めて利用する方は、申込みをする価値は十分にあると言えます。

 

破産してから5年でキャッシングできる?お金借りる審査が不安な場合

バブル崩壊や経済格差の拡大など、

 

最近耳に入ってくるお金関係のニュースは悪い内容ばかりです。

 

それまで順調に業績を伸ばしていた企業や個人が、ちょっと風向きが変わっただけで失速し、

 

多額の負債を抱えてしまうことは決して珍しいことではありません。

 

以前より非正規労働者が増えたことで、毎日ぎりぎりの生活を強いられる若者や中高年が増えてきており、

 

同時に毎日の生活をキャッシングに頼らざるを得ない状況下にいる人も、ここ数年増加傾向にあります。

 

ビジネスや家計が厳しい時に頼りになるキャッシングですが、

 

利息と返済能力を加味した返済計画を立てないと、あっという間に借金が膨らんでしまいます。

 

自力で返済するのが不可能なほどに借金が増えてしまった場合は、

 

必要な書類を提出して自己破産することになります。

 

自己破産を行えば借金という重い足かせから解放されますが、

 

代わりに金融機関からの信頼を失います。

 

金融機関に関わらず、誰だって信頼を裏切るような人にはお金を貸したくありませんし、

 

同じことを再び繰り返すかもしれないと考えるでしょう。お金を貸すという行為は、

 

相手への信頼と返還されることへの期待があって初めて成り立つのです。

 

では、一度自己破産してしまったら、二度とキャッシングを利用することはできないのでしょうか。

 

自己破産を行うと、破産したという事実が個人信用情報に記載されます。

 

個人信用情報は金融機関がキャッシングサービスを顧客に提供する前に必ず利用するものです。

 

金融機関はサービスを希望する顧客が信頼に足る人物なのかを照会し、

 

貸しても問題ない人物かどうかを確認します。

 

この個人信用情報に破産の事実が載っている限り、破産経験者はお金を借りることができませんが、

 

一生お金を借りられないわけではありません。個人信用情報は5年間保管された後で消えてしまうため、

 

5年以上経った情報を金融機関が照会することはできません。

 

そのため、破産から5年が経過していて返済能力があると判断されれば、

 

破産経験者であってももう一度キャッシングを行うことができます。

 

5年経過したのに審査に通らなかったという人は、返済能力が低いと判断されたか、

 

手続きや記入事項に誤りがあった可能性があります。

 

他の金融機関から借りているお金を返済できていない場合も借り入れは難しくなるでしょう。

 

しかし、一度自己破産をしたという事実がいつまでも付きまとうことはないので、

 

心配する必要はほとんどありません。