自己破産して7年キャッシング出来るところ

自己破産して7年キャッシング出来るところ

自己破産をすると、いわゆるブラックリストに載ってしまいますので、一定の期間は金融機関の審査に通らなくなります。クレジットカードやローンが利用できない日々が続くわけですが、一度借金問題で失敗をしているわけですので、この期間は甘んじて受け入れるべきです。

 

一生金融機関の審査に通らないわけではありませんので、すべての借金を踏み倒す代償としては、まだ甘いほうだと考えることもできます。

 

ブラックリストに載る期間ですが、よく「借金を完済してから5年」と言われています。しかしこれは、長期延滞をしてブラックリストに載ってしまった場合のことです。例えば、とあるカードローンで3ヶ月以上の延滞をしてしまったら、その時点でブラックリストに載ってしまいます。

 

そのブラックリストに載っている期間は、借金を完済してから5年です。もしも、ずっと借金を完済できずにいたら、10年以上経過してもブラックリストに載り続けることになってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

それに対して、自己破産をした場合のブラックリストに載る期間は、5年もしくは10年です。個人信用情報機関にはCIC、JICC、KSCの3つがありますが、このうちCICとJICCでは5年、KSCでは10年間記録が残ります。

 

つまりは、CICとJICCにしか加盟していない金融機関では、5年が経過すれば審査に通るようになるということです。KSCは、別名全国銀行個人信用情報センターと呼ばれており、その名の通り銀行が加盟しています。そのため、銀行の審査には10年間影響しますが、逆に言えば消費者金融や信販会社の審査には5年が経過すれば審査に通るようになるということです。

 

ここまでの結論として、自己破産をしてから7年が経過しているなら、信販会社や消費者金融での審査には影響しなくなっていますので、問題なくキャッシングが利用できます。

 

しかし、自己破産をしてブラックリストに長い間載っていた人は、クレジットカードやローンをいっさい利用していない日々が続きますので、個人信用情報は真っ白になっています。いまどきクレジットカードを利用しない人はあまりいませんので、金融機関が個人信用情報を照会したとき、個人信用情報が真っ白ですと、なにかあったのではと疑われてしまう可能性があります。

 

個人信用情報が真っ白な状態にある人を、スーパーホワイトと呼ぶことがありますが、名前はとても良いイメージがするものの、金融機関の審査ではスーパーホワイトの人はやや不利になります。

 

そこで、自己破産をしてから5年が経過してCICとJICCから自己情報が消えたら、まずはクレジットカードを作って良好な利用実績を積んでいくことがおすすめになります。延滞の情報がなく、良好な利用実績を積んでいる人をホワイトと呼びますが、ホワイトの人は金融機関の審査で有利になり、融資を受けやすくなります。

 

さて、ここまでの説明から、消費者金融や信販会社では、5年が経過していれば審査への影響がなくなるということがわかりました。スーパーホワイトの状態ではいきなり高額な融資を受けることは難しいので、少しずつ良好な利用実績を積んでいって、信用を得ていくことが重要になります。

 

しかし、消費者金融や信販会社では金利が高めになっているので、高額な融資を受けるには向いていません。また、住宅ローン、教育ローン、自動車ローンのような目的別ローンは、銀行で借りる必要がありますので、どうしても銀行で借りたいという人もいるでしょう。

 

銀行で融資を受ける場合には、審査の時にKSCの情報も見られてしまうので、過去に金融事故を起こしたということがバレてしまいます。銀行は信用をとても重視する金融機関ですので、過去に一回の延滞があるだけでも不利になります。

 

一回の延滞どころか、金融事故を起こしている人では審査に通る可能性はかなり低いでしょう。しかし、金融事故を起こした人が銀行から融資を受けてはいけないという法律があるわけではないので、100%審査に落ちるというわけでもありません。例えば、親の借金を相続したとか、友人の連帯保証人になっていて、借金を押し付けられて、やむを得ず自己破産をしたというようなケースでは、本人が借金をしたわけではないので、事情を説明すれば融資をしてもらえる可能性もあります。

 

ブラックリストに載っている人は、絶対に審査に通らないというわけでもありません。大きく不利になってしまうことは間違いありませんが、その不利を挽回できるような要素があれば、審査に通ることもあります。

 

例えば、金融事故を起こしてから7年が経過していて、それからクレジットカードなどの支払いで1度も延滞をしておらず、現在は正社員で働いていて、年収400万円程度の収入があるといったケースなら、総合的な審査によって銀行から融資を受けられる可能性もあります。ただし、ブラックの人はダメ元でたくさんの金融機関に申し込むことはしないでおきましょう。申し込みをしただけでも社内記録に残ってしまう恐れがあります。
自己破産して7年キャッシング出来るところ